今回は、リーマンショック直前に資産運用を始め、下落の影響を大きく受けた橋爪美鈴さん(仮名、37)の例をご紹介します。

相談者: 橋爪 美鈴さん(37) パート
ご家族: 夫  文雄さん(37) 会社員 長女 紗弓さん(0)
宮城県在住
(全て相談当時、いずれも仮名)

投資にチャレンジした途端、リーマンショックで半分に

橋爪さんが当社に連絡をくださったのは12年前、2008年のことです。橋爪さんは家計を上手にやりくりし、3000万円を超える貯蓄に成功していました。「このお金を有効活用して増やしたい」と投資に興味を持ち、ご自身で情報収集した結果、「投資はコストの安いETF(上場投資信託)を使って分散投資するのがベスト」という判断に至ります。

そこで、800万円でTOPIX(東証株価指数)に連動するETFを購入し、預貯金と同じぐらい安全で、金利面で少し有利な運用先として個人向け国債を700万円分購入しました。

ところが、橋爪さんがこの投資を行った時期は、結果として最悪のタイミングとなってしまいました。「100年に一度の金融危機」とされたリーマンショックが起こったのです。世界中の株や債券が暴落し、TOPIX(東証株価指数)も約1年で半分以下にまで下落した未曾有の金融ショックにより、橋爪さんのETFも評価額が半分の400万円ほどになってしまいました。「投資を始めたばかりなのに……。いったいどうすればいいの?」と困り果てた橋爪さんは、インターネット検索で当社にたどり着きました。

2008年はつみたてNISAはおろか、NISA(少額投資非課税制度)もなかったころ。私が2005年ごろからホームページ上に掲載していた長期・分散投資に関する情報は、当時、検索順位の上位にヒットしていたようで、橋爪さんのようにネット経由でご連絡をくださる方も少なくありませんでした。お住まいが遠方だったため、相談もSkypeによるオンラインで応じることにしました。

「なぜ投資すべきか?」必要性とリスクを正しく理解する3つのポイント

当社では相談にいらした方に、「投資」を正しく捉えていただくために、必ず3つのレクチャーをしています。第一は公的年金が株や債券に投資している理由、第二に投資とは何なのかということ、そして第三が金融機関の正しい使い方についてです。

まず1点目。「投資はギャンブルみたいなもの」というイメージを持つ人が多いようですが、現実には公的年金の積立金もほとんどが株や債券で運用されています。なぜ、大切に守るべき公的年金がリスク運用されているのか。資本主義経済が続く限り、長期で見れば経済は成長し続け、株価も上昇していくからです。

2点目については、株式会社は、自社はもちろん、取引先や顧客、そして株主に利益をもたらすことができなければ存続できません。会社がステークホルダーに利益をもたらすこと自体が資本主義経済の大原則であり、一時的には停滞することはあっても、長期的には必ず成長するものなのです。そして、この資本主義社会が続く限り物価は上昇していくので、現金の価値は実質的に目減りしていきます。デフレに慣れ切ってしまった日本人にはピンとこないかもしれませんが、インフレは突然やってくるものです。大切な資産を守るには、平時から資産の一定割合を株や債券で保有する必要があるのです。

ただ、そう言うと「じゃあ、何を買っても長期で保有すれば上がるの?」と聞かれます。答えは残念ながらNOです。数ある投資対象の中から1つ選んで投資すると、それが一時的な下落であっても、持ちこたえきれません。だったら、投資対象を選別せず、世界中の資産を丸ごと買えばどうでしょう? どれかが一時的な下落に見舞われても、他の資産が下落していなければ回復を待つことができ、時間が解決してくれるわけです。「分散投資」が広く勧められているのは、この“当たり外れがなくなる”効果を狙ってのことでしょう。

3点目は「金融機関の使い方」。多くの人が「最も安全なお金の置き場所は銀行預金」だと誤解していますが、銀行が破綻した場合、ペイオフの制度で守られる預金は1000万円までで、それ以上の金額を預けている場合はどうなるか分かりません。一方、証券会社は顧客から預かった財産と証券会社自身の財産を分けて保管することが義務付けられているので、預けている現金や資産は全額守られます。さらに、先述したインフレ対策という意味でも、預金のまま置いておくことが「安全」というわけではないのです。

銀行は生活防衛資金や使い途が決まっているお金を置く場所、証券会社は将来のために育てるお金を置く場所、それから保険は、保障機能を使うための預け先と考えるべきだと私はお伝えしています。

ETFとインデックスファンド、有利なのはどっち?

上記を踏まえても、橋爪さんがETFに投資されたことは、決して失敗ではありません。値動きが市場平均に連動するETFは分散投資に適したツールであり、保有にかかるコストは、わずかですが投資信託よりも安く済みます。リーマンショックでは、このように適切な投資をしている人でも資産が半分程度にまで減っており、橋爪さんの投資手法が間違っていたわけではないのです。

ただ、ETFは年に1~4回程度、配当が出ます。この配当が手元に入ってくるときには、約2割の税金が引かれてしまいます。利子が利子を生む「複利効果」を得るには、受け取った税引き後の配当金でETFを買い増す必要があるのですが、ETFは金額ではなく口数単位で購入する決まりなので配当全額を再投資するのは難しく、不足したり中途半端な額が余ったりします。

一方、投資信託なら、保有コストはETFより高くなるものの、配当を自動で再投資するものを選べば、税引き前の配当相当額を再投資できるので投資効率がアップします。何より、ほったらかしにできるので手間がかかりません。もちろん、指数に連動する投資信託であるインデックスファンドは、ETF同様、手軽に“世界中”を買う分散投資が可能です。

「コスト面、投資効率面を踏まえて、有利なほうで運用したい」とのことで、橋爪さんのケースでETF、投資信託それぞれの運用成果をシミュレーションしてみたところ、投資信託のほうが投資効率が高いことが分かりました。これに基づいて説明したところ、なるほどと納得され、投資信託を活用して改めて投資をしたいと希望されました。

ある程度資産運用に関する知識を持つ人の中には、ご自分の考えに固執しがちな方も少なくないのですが、こうしてデータに基づいて説明するとたいていの方が納得されます。私自身、疑問に感じたことはその都度解決したいタイプで、そのためには調べたり、シミュレーションするといった手間を惜しみません。こうしたところが、お客さまの”腹落ち感”につながっているのかなと感じています。

長期分散投資で投資額5700万円に対し利益は2900万円に

そこで、損失を確定する形になってしまいますが、まずはETFと国債を売却し、2900万円で投資信託を使った分散投資をしました。国内株式を10%、先進国株式を40%、新興国株式を10%、先進国債券を30%、新興国債券を5%、外国REITを5%の割合で保有できるよう投資信託を組み合わせます。さらに、同じ割合で月に18万円の積み立て投資も設定しました。

預貯金に残す金額は、生活費の1年分程度の500万円に設定しました。大黒柱のご主人が働けなくなったり、予期せぬ出費に見舞われた時に備えるお金です。橋爪さんはこの年齢でこれだけの貯金ができるほどですから生活は質素で、1年間の生活費は500万円も必要なかったのですが、生まれたばかりのお子さんもいるので、余裕を持ってこの金額に設定しました。

こうして、一括投資に加えて積立投資も並行し、底値近辺でもしっかり投資ができていたこともあって、2010年ごろから評価損がなくなり、資産はプラスになりました。現在、橋爪さんの投資信託の残高は約8600万円に達しています。投資元本が約5700万円、利益が約2900万円と実に約50%のプラスになっています。これは当初の損失額約400万円も含んだ数字です。年の利回りで換算すると、平均4.2%で運用できたことになります。

コロナ禍を経てZOOMのようなオンライン会議システムが当たり前になりましたが、当時はそこまで一般的なものではありませんでした。初めて実際にお会いしたのは相談から数年経ったころ、彼女が都内の実家に帰省した時で、そのとき実家のお母様から「ネットで知り合った人にお金の話をするなんて、大丈夫なの?」と心配されたという裏話もあります(笑)。

しかしその後も、Skype・電話でのアフターフォロー面談をベースに、折に触れてお目にかかったりしながら、12年以上にわたってお付き合いが続いています。近況をうかがいつつ、普通預金が貯まってくると追加投資をおすすめし、必要に応じてリバランスについてもアドバイスします。リバランスとは、値動きにより割合が高くなり過ぎた資産を売って、安くなった資産を買うことで、ポートフォリオを本来の割合に戻すこと。定期的な実施により運用成果の向上が期待できます。

この12年の間にも、コロナショック等の下落局面を何度か迎えていますが、「岩川さんは話す内容が一貫していてブレがないので、信頼できます」とありがたい言葉をかけてくださり、不安の色は見えません。「ネットで知り合った人」ではありますが、もうやめてほしいとお願いしているのに毎年立派なお歳暮を送ってくださるほど、信頼を寄せていただいているようです。

ここ数年、世界的な資産価格の上昇が続いているので、橋爪さんのように世界分散投資をしている人の運用成績は絶好調でしょう。それでも私は「リーマンショックのような事態はまた来ます」と、口酸っぱくお伝えしています。手痛い目に遭った橋爪さんなら大丈夫でしょうが、それでも、相場は上にも下にも変動するものであることを常に意識していてほしいからです。市場の値動きに一喜一憂することなく正しい運用を続けていけるよう、これからも伴走していきたいと思っています。

【姉妹サイト】IFAナビ

中立的な立場で相談に乗る、銀行でも証券会社でもFPでもないお金の相談先、IFA。転勤や異動がなく、長期的視点で顧客に向き合ってくれると評判です。専門検索サイト「IFAナビ」で、自分に合ったIFAを探してみませんか。
もっと詳しく