令和はまさしく「個の時代」といえます。

SNSの発信力により、発信した情報自体が仕事獲得につながるのはもちろん、YouTuber、インスタグラマーといった、大きな影響力がそのまま職業になるケースも出てきています。とはいえ、ここでお伝えしたいのはSNSの投稿テクニックではありません。

大事なのは「自分の価値」をいかに上げるかです。それには、自己ブランディングやマーケティングが重要になってきます。FPに限った話ではありませんが、世の中には、この自己ブランディングとマーケティングを疎かにしている人が多いように見えます。

新型コロナウイルスにより、人と人との接触が制限されたことで、これまで以上にWeb上でのマーケティングが重要性を増す中、「いい仕事をしていれば、自然とお客さんがつく」時代はいよいよ終わりを迎えようとしています。

FPであれば、ファイナンシャルプランニングの知識を身につけたり、相談・講演・執筆スキルなどを磨いたりすることはもちろん大切です。しかし、自己ブランディングとマーケティングをないがしろにしていては、仕事が得られなかったり、単価がいつまでも低かったり、売り上げがなかなか上がらないでしょう。

今回は、この「自己ブランディング」と「マーケティング」について考えていきたいと思います。

あなたが「何屋さん」なのかをはっきりさせる

自己ブランディングとは、「自分が何者で、何について発信しているか」を誰もがわかるようにすることです。マーケティングは、そのブランディングに基づいて有益な情報を発信し続け、マーケット(顧客)を動かすことです。

よく、名刺やSNSのプロフィールにたくさんの資格を列挙している人がいますが、資格を持っている人は世の中にたくさんいるわけです。自己ブランディングの観点から見ると、「それで、あなたは何ができるの?」が相手に伝わらなければ意味がありません。

自分の実績や強みを公表するときに、とても重要な要素があります。それは、ひと言で「何屋さん」なのかを説明するパワーワード(肩書き)です。Twitterでは、名前の横にパワーワードを入れている人が多いですよね。ポイントは、何でも屋さんになるのではなく、ひとつとがったものを作り、「これをしています、これができます」と言い切ることです。

FPだと、家計分析もできる、保険の見直しもできる、資産運用もできる、iDeCoやつみたてNISAにも詳しい、年金や税金も……といった具合に、何でもできるように見せている人がたくさんいます。もちろん、全部できるに越したことはないのですが、第三者からすれば、他の人と比べたときに違いがわかりませんよね。やはり、どこかに特化した方が注目を集めることができるわけです。

例えば私であれば、保険会社で6年間、資産運用部門の業務に携わった経験も活かし、以下のような情報発信を行っています。

・資産運用のプロである、機関投資家の考え方の情報発信 ・iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)にいち早く着目し、書籍出版・講演などを通じ情報発信 ・仮想通貨(暗号資産)にいち早く着目し、「お金の専門家」として書籍出版などを通じ情報発信 ・スマホ(キャッシュレス)決済にいち早く着目し、記事執筆や監修を多数手がける

扱う分野は複数にわたりますが、新しい分野にFPの「第一人者」が確立される前から着目することで、iDeCo、NISA、投資信託、仮想通貨(暗号資産)、キャッシュレスといったキーワードで“強い”専門家として位置付けられています。「この分野といえばあの人」と思われるくらい得意分野をとがらせ、積極的に情報発信をしていくことで、他のFP達との違いをはっきり見せられていると思います。

情報発信の際、最も手軽に利用できるのがTwitterなどのSNSですが、SNSを活用するときに必ず整えておきたいのが「プロフィール画面」です。SNSの投稿文や記事では、内容はもちろん大切ですが、それと同時に「誰が発言しているのか」も大切です。プロフィール画面を見た人が、あなたがどんな人間であるかがすぐに理解できるように、自己紹介文、アイコンとなるプロフィール画像、文体……全てにこだわりぬくことで、ファンやフォロワーを増やしたり、取材や新規の仕事を得られたりすることにつながります。

信頼を仕事獲得につなげる「コントリビューション」

仕事の獲得には、信頼の獲得が欠かせないのは言うまでもありません。相手の信頼を得るには、仕事の能力や実績だけでなく、基本的な人間力が必要です。人間力とは、言い換えれば、まずは相手に貢献するという「コントリビューション(Contribution)」の精神。仕事が欲しいという「テイク(take)」ばかり追い求めていては、何も得られません。

これから事業をスタートさせる、もしくは拡大させたい人が最初にすべきことは「リターンを得ることを考えずに、自分を差し出す」こと。「学ばせていただく」という精神で、何でもいいから貢献する。そうすることで自分が成長し、信頼も勝ち得て、結果として仕事が得られる……ということだと思います。

「有益な情報を発信し続け、マーケット(顧客)を動かす」マーケティングの神髄は、このコントリビューションの精神にこそあるのではないでしょうか。

「自分の実績」は赤裸々に、惜しみなく公表する

ここからは少し、Webマーケティングにも触れたいと思います。

SNSなどWebでの情報発信は、「定期的に継続できる範囲」で、「複数のサービスを活用」して行った方が良いと考えます。

やはり、人の目に触れる機会は増やした方が良いですし、フォロワー数がそれなりに多くなれば影響力も増していきます。それがもちろん、仕事にもつながるというのもありますが、FPとしてのお金の情報発信が多くの人の助けになるというのが第一ではないでしょうか。

私が仕事で利用している主なSNSは、Facebook、Twitter、YouTubeの3つですが、このほか、Webメディア「Mocha(モカ)」や、ポッドキャスト番組「マネラジ。」も運営しています。

起業して以来、最も高い頻度で活用していたSNSはFacebookでしたが、2018年の後半からはTwitterのほうをより多く活用するようにしています。理由としてはTwitterの方が速報性・拡散性が強く、幅広い年代で利用されているからです。Facebookは利用者層が高齢になってきており、また拡散性はTwitterに劣ります。

私のFacebookの用途は、

・テレビ、ラジオ、書籍、雑誌、ウェブ媒体などの掲載情報 ・セミナーや講演などの実施告知 ・自社制作しているYouTube番組「Money&You TV」、ポッドキャスト番組「マネラジ。」の告知 ・趣味、プライベート情報、日々感じたこと

といった具合に、ビジネスの活動報告や告知、プライベート情報の発信に利用しています。

一方、Twitterでは、これらに加え、世の中に流れている記事・ニュースに対して自分が思うことや、あとでじっくり読みたい記事・ニュース、シェアしておきたい記事・ニュースなどにコメントをつけて投稿しています。Facebookと異なり、気軽につぶやけるので投稿の頻度も自然と高くなっています。

FacebookやTwitterについては、個人アカウントだけでなく、自社のアカウント、さらに自社メディア「FP Cafe・Mocha」のアカウントも用意しています。その2つのアカウントも、メディア掲載やセミナー情報、配信記事のお知らせに使っています。

仕事上の活動報告は、どんな小さなことでも赤裸々に、可能な限り公表すべきだと考えています。なぜなら、自分たちの活動をきめ細かに公表することが、「きちんと企業活動を行っている」という信頼性をアピールすることにつながるからです。そしてそれが、新しい友人と知り合うきっかけになったり、ビジネスにつながったり……といったことも往々にして起こるのです。

最後になりますが、こういった情報発信は「継続」が鍵です。コツコツ継続することは大変なことですが、その分見返りが大きいのも事実ではないでしょうか。

WebメディアやYouTube番組などを運営していても、最初はなかなか芽が出ませんでしたが、継続しながらトライアンドエラーを重ね、少しずつ結果が出てきたという具合です。

とはいえ、まだまだ志半ば。顧客に感動を与え続けて、FPとして、一緒に世の中をより良いものに変え、もっともっと上を目指していきたいと思います。

コロナショックにより、今後ますますマネープランや家計改善の重要性が認識されていくのではないでしょうか。自己ブランディングとマーケティングを通じ、高まる需要を逃さず捉えていきましょう。