相談者のプロフィールとお金データ

【久保美奈子さん(仮名)プロフィール】

・年齢:42歳
・都道府県:東京都       
・家族構成:夫・相談者・小学生の子供2人で暮らす 
・職業:自営業(ネイリスト)/独立前は会社員の経歴あり
                                                  
【寄せられたお悩み】
「老後のために資産形成をしたいのですが、どのように計画を立てればいいでしょうか。
老後は質素に暮らし、決して”ぜいたくな暮らし“は望んでいないものの、たまにはスポーツをしたり、旅行に行ったり、孫がいるなら孫にプレゼントを送れるくらいの余裕はある生活をしたいと考えています※1。その場合、現状の資産形成で足りるのでしょうか? 私はiDeCoで投資信託の積立をしていますが、夫はしていません。
老後は2000万円必要だとよく耳にしますが、少なくとも今のiDeCoでの投信積立だけでは2000万円に到達しません…」
※1 その暮らしをするのにいくら必要だと思うかについては、「住宅ローンは完済しているから、月25万円くらい…だと思います。でも、子供が独立したら家のリフォームはしたいかも」とのこと。

【お悩みの論点】
①相談者だけでなく、夫もiDeCoを始めたほうがいいのか※2
②今、iDeCoでの積立をしているが、これだけでは2000万円に到達しない。そもそも2000万円は必要なのか?
※2 なお相談者の夫の勤める企業には企業年金はない。

資産状況や月々の収支内訳

世帯の金融資産額: 650万円
内訳預貯金:600万円
iDeCo口座内の投資信託:50万円(日本国債インデックスファンドとTOPIXのインデックスファンドを所有)
※ その他に学資保険(400万円)も。 

収支
<収入>
・世帯の毎月の手取り収入: 55万円
・手取りの年収:750万円(夫500万円、相談者250万円)                           

<支出>
・毎月の支出:55万円

<支出内訳>
住居費(住宅ローン)14万円、水道光熱費1.5万円、食費8万円、交通費1万円、通信費2万円、小遣い5万円(夫3万円、相談者2万円)、教育費6万円、医療0.5万円、日常品2万円、被服費1万円、保険料9万円※3、娯楽費1万円
貯金1万円、iDeCo3万円

※3 保険には、終身払いの医療保険や学資保険が含まれる。

2019年に世間を騒がせた「老後2000万円問題」。

今ではほとんど耳にすることがなくなりましたが、それでも老後のための資産形成の話になると「老後は2000万円が必要なんですよね?」と質問されることがあります。

美奈子さんもその疑問をお持ちなのですね。そこで、老後の必要金額とその準備方法について解説していきます。

【PR】「信頼できる資産運用アドバイザーの選び方」セミナー映像を無料プレゼント!~証券会社、銀行、IFAへ相談するメリットとデメリットとは?~