表示額が数百円でもバカにできない「経過的加算額」に注目

50代になると、「ねんきん定期便」に載っている年金額が変わります。40代までは「これまでの加入実績に応じた年金額」ですが、50代になると、現時点の働き方が60歳まで続くと仮定した場合の「老齢年金の種類と見込額」が示されるのです。50代の皆さまにとっては、この年金見込額を確認することが、リアリティのある老後資金準備の第一歩になると思います。

50代向けのライフプランセミナーで「ねんきん定期便」の見方をご紹介すると、「経過的加算額って何ですか?」というご質問をよくお受けします。ただし、セミナーが終わってから個別に質問される方が多いですね。というのも、その金額が数百円レベルと、とても小さいからです。ですから、大勢の前で質問するには気が引けるのかもしれません。

でも実は、今後の働き方によっては、この「経過的加算額」がバカにならない金額になります。どういうことなのか、ご説明しましょう。

***

セミナー参加者(以下、参加者)
あの~、ちょっとよろしいでしょうか?
セミナーでご説明いただいた「ねんきん定期便」のことで、教えてほしいことがあるのですが…………。

講師
どうぞ、遠慮なさらずに何でも聞いてください(笑顔)。

参加者
ホント、小さな話なんですが、気になっちゃって……(照笑)。
私のねんきん定期便の「経過的加算部分」って欄に、千円にも満たないような金額が載っているんですけど、これって何ですか?

講師
いや~、目のつけどころが良いですね!
ご質問いただいたのは厚生年金の経過的加算額のことですが、50代の方には、ぜひ知っておいてほしい知識でもあるんですよ。
それでは、今年、私が受け取った「ねんきん定期便」を例にしてご説明しましょう。

講師
ご自身の定期便と比べて、何かお気付きの点はありますか?

今の50代は、老齢基礎年金の見込額が満額にならない人が多い

参加者
私もそうなんですが、大学卒業後に今の会社に就職して以来、転職も退職もしていないのに、老齢基礎年金が満額じゃないんですね。支払い対象期間全てで保険料を納付した場合の「満額」は、たしか78万円くらいだったと思うのですが……。

講師
おっしゃる通りですね。
私の場合、計算してみると老齢基礎年金の見込額は444月分*でした。満額の480月に36月分足りないですね。理由は、私が学生の頃は国民年金への加入義務がなかった(加入は任意だった)ので、20歳から23歳までの3年間は、保険料の納付をしていなかったからです。

*723,073円 ≒ 781,700円(2020(令和2)年度の老齢基礎年金満額) × 444月 ÷ 480月

参加者
私も、学生時代は国民年金の保険料を払っていた記憶はないですね。息子や娘が成人したとき、国民年金の書類が届いて「時代は変わったなぁ~」と思った記憶はありますが(苦笑)。

講師
20歳以上の学生について、国民年金が任意加入でなくなったのは1991(平成3)年4月ですから、今、50代の方で老齢基礎年金の見込額が満額になっている人は珍しいと思いますよ。

参加者
へぇ~、50代だと皆さん、似たり寄ったりなんですね。でも、やっぱり気になるのは「経過的加算額」ってやつですね。
私も同じくらいの金額がねんきん定期便に載っていますけど、この金額はどんな風に計算されるのでしょうか?

60歳以降も働くと、老齢基礎年金の代わりに老齢厚生年金の経過的加算額が増える

講師
それでは、一緒に経過的加算額の計算式を確認してみましょう。

講師
Aは、かつて国民年金と厚生年金が別々だった頃の厚生年金の定額部分、Bは厚生年金の加入月数に基づく老齢基礎年金の計算式です。
1986(昭和61)年の制度改正で、厚生年金の定額部分は老齢基礎年金として支給されることになりました。
実は、AとBで加入月数が同じでも、計算上、Aの方が少しだけ多くなります。つまり、制度改正で減ってしまった分が、経過的加算額として厚生年金につくのです。

参加者
う~ん、公的年金の制度改正の話になると、正直ついていけません……。

講師
あっ、すいません、ついつい、専門的な話になってしまいました。
ここで注目いただきたいのは、それぞれの式の厚生年金加入月数のカッコ書きの中になります。

参加者
え~と、Aの式では上限が480月、Bの式だと20歳から60歳の期間、つまり、こちらも480月(=12月×40年)ってことですから、同じようにも思えるのですが……。

講師
ヒントを一つ、差し上げましょう。
セミナーでもお話ししたじゃないですか、人生100年ですから、60歳以降も働き続けることが当たり前の時代になっているんじゃないかと……。

参加者
あっ、そうか! 60歳以降も働き続けると、AとBでは加入月数が違ってくるってことですね?

講師
そういうことです。
60歳以降も厚生年金に加入しながら働き続けたとして、Bの加入月数は増えませんが、Aの加入月数は、480月までなら増やすことができるのです。
当然、A-Bで計算される経過的加算額も増えることになります。

参加者
なるほど~、経過的加算額って、50代の今は大した金額ではなくても、60歳以降も働くと増えるってことですね!
実際、どれくらい増えるのですか?

講師
60歳以降に1年働くと、厚生年金加入月数は12月分増えることになります。
定額単価の1,630円に12月を掛けると19,512円ですから、だいたい2万円くらい増えることになりますね。

参加者
えっ、これはバカにならない金額ですね! 勇気を出して質問した甲斐がありましたよ(笑)。
セミナーでもおっしゃっていたように、長く働き続けることが人生100年への備えになるってことですね。よく分かりました!

***

2021年時点で50代の方だと、老齢基礎年金の見込額が満額にならない人が大勢いらっしゃいます。それは冒頭でお伝えしたとおり、学生の頃は国民年金への加入義務がなかったからです。とはいえ、学生時代に戻ることはできませんし、今から追納できるわけでもありません。しかも、60歳を過ぎて厚生年金に加入しながら働いても、老齢基礎年金は増えないのです。

でも、その代わりと言ってはなんですが、60歳以降も厚生年金に加入しながら働き続けると、老齢厚生年金の経過的加算額が増えるのです(この記事では詳細は割愛しますが、当然、老齢厚生年金の報酬比例部分も増えます)。そんなカラクリを、老齢基礎年金が満額にならない50代の皆さまにはぜひ知ってほしいですね。何より、私も同じ50代です。一緒に働き続けましょう!