自分が住む国の銘柄に偏って投資する、ホームバイアスとは

ホームバイアスという言葉をご存じでしょうか? 投資をするとき、自分が住んでいる国の株式(債券も同じく)に偏って投資をする傾向のことをいいます。アメリカに住んでいたらアメリカ株式にばかり注目し、日本に住んでいたら日本の株式ばかりに投資するというような具合です。過去にも多くのリサーチでこのようなホームバイアスの存在が認識されていますが、その理由についてはすっきりした説明がありません。ただ、考えてみればなんとなく人間心理的に当たり前のような気もします。

今回のコロナウイルスにおいて、もしもどこか外国に行かねばならないとしたら、自分がいる国の方がよほど感染率が高かったとしても、なんとなく行く先での危険が気になったりしませんか。コロナ勃発後、私は日本には帰国していないので分かりませんが、2003年だったでしょうか――SARSウイルスが発生したときに、折をみて日本に帰ったことがあります。「日本に行ってくる」とアメリカ側の人に言うと、みんな口を揃えて、「行って大丈夫なの?危なくないですか?」と言いました。ところが今度は日本に帰ったら帰ったで、みんな口を揃えて、「アメリカから来たんだから危ない…!」と言うわけです。

株式投資にもそのあたりの心理が働くのでしょうか、投資しているポートフォリオを見てみると自分の居住国の株式により比率が置かれる傾向(極端な場合には、居住国のものしか投資していない)があるわけです。

住んでいるから安全とか、住んでいる国の株式のほうがリスクが少ないということは決してありません。こと投資に関しては、みなさんご存じのリスク分散という概念があって、その観点からするとできるだけ広範囲で分散を行ったほうがリスクは下がるという真実があります。私はアメリカに住んでいますが、だからといってアメリカ以外の外国株を全く排除するというのは、かえってリスクを高めることになります。同様に、日本人だから日本株式だけを持つのがいいという理由もありません。

世界の株式市場における、日本の株式時価総額はわずか6.4%

2021年2月末時点の世界の株式市場における各国の株式市場の時価総額を見てみると、アメリカ市場は全世界の41.6%ほどにあたります。アメリカの全部の会社の株式に投資したとしても、まだ世界に58%ほど投資しきれていない市場があるということになります。

にもかかわらず、いまだにお客様の投資ポートフォリオを見せていただくと、アメリカ株式にばかり投資しているというケースが見られます。また、アメリカ以外の外国株式を持っていらっしゃる場合でも、比率的に足りないということもあります。

この傾向は日本の投資家の中にもあると思います。世界の株式時価総額における日本市場の割合はたったの6.4%です。アメリカ人が自国の株式だけに投資した場合、投資しないで見過ごされているのは58%ですが、日本人が自国の株式式だけに投資した場合、世界の93.6%の株式を見過ごしていることになります。

アップル、アマゾン、グーグルなどアメリカ株式を見過ごすのは残念なことですが、アメリカ以外のアリババ、アストラゼネカ、HSBC、ネスレ、ノバルティス、エフ・ホフマン・ラ・ロシュなどを見過ごすのももったいないことです。また、今はあまり名が知られていないけど、これから伸びるエマージング国の株も見過ごしたくないものです。

ファンドにもバイアスが? “中身”を理解して投資することが大切

日本で売られている二つのターゲットデートファンドを使って、ホームバイアスの実態を見てみましょう。フィデリティターゲットデートファンド(ベーシック) 2060とDCニッセイ・ターゲットデートファンド2060を比較します。

下はフィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック) 2060のポートフォリオ構成です。株式と債券比率がどのように組み合わされているかが表示されており、2060年のリタイヤメント・ターゲット年に向けて、だんだんと高リスクの株式の比率が下がっていく調整スケジュールが表されています。

フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド (ベーシック) 2060 目論見書より

フィデリティは本社が米国にあり、もちろんアメリカでも同様なターゲットデートファンドを運営しています。アメリカでは、世界市場の時価総額に準じた分散投資をしています。こちらは日本の投資家向けのものですが、ここでは国内株式(日本株式)は株式全体の15%くらいの設定なので、実際の時価総額による日本市場の割合6.4%よりは大きく、ある程度のホームバイアスが見られます。ただ株式全体の85%は世界の先進国と新興国の株式にふられているため、世界分散投資のルールはかなり確保されています。

続いて、DCニッセイ・ターゲットデートファンド2060のものです。同様に2060年のリタイヤ・ターゲット年に向けて株式比率が下がっていく状態が表されていますが、こちらの場合は日本株式の比率が大変高いのが見て取れます。株式全体のうち半分以上が日本市場に割り振られており、大きなホームバイアスがあるのが分かります。

DCニッセイターゲットデートファンド2060 目論見書より

何度も申し上げていますが、世界における日本の時価総額比率は6.4%なのに、半分以上も日本に割り振るのは、「日本に賭ける」投資です。日本が大きく伸びれば大きなリターンを見込めますが、その反対だと世界の経済成長の利益享受が確保しきれないことになります。

このホームバイアス、特に「自国の将来に賭けたい」という強い思いがあり、納得の上で投資するのならよいのですが、ただ"なんとなく”そうしているのなら、見直しが必要かと思います。教科書的な意味でのインデックスファンド投資においては、株式投資の内訳は、あくまで世界における各国の市場時価総額応じて全世界をまんべんなくカバーするのが基本です。

ぜひこのホームバイアスの存在を頭の片隅に置いて、ファンドの“中身”にもこだわっていただけたらと思います。