相談者のプロフィールとお金データ

【山川大地さん(仮名)さんプロフィール】

49歳、愛知県に暮らす会社員。独身(離婚歴あり)。
今、行っている投資は個別株投資。きっかけは株の売買で上手くやっている知人の話を聞いて、自分もやってみようと思ったこと。

【寄せられたお悩み】
「会社が退職金制度を変更し、退職金分を毎月上乗せして払うと言います。
『その分は社会保険料も税金も掛からないが、60歳までお金を使えない』と聞きました※。自分のお金が使えないのは困ると言ったら、“前払い退職金”として受け取れるようにしてもらえました。しかし、給与明細を見るとその前払い退職金の部分も課税されています。退職金って税金は掛からないと聞いていましたが、なぜ?というのが1つ目の相談です。
2つ目の相談は、実は、離婚した子ども達の養育費や学費、結婚費用の支払いで、自分の蓄えはほぼ使い果たしました……。老後に向け、株式投資でもして殖やしたいのですが、どうしたら儲かりますか?」
※編集部注 企業型確定拠出年金のこと

【お悩みの論点】
①会社の前払い退職金になぜ税金が掛かっているのか
②養育費等の支払いで貯蓄が削られた中、今から老後資金対策でできることは?

資産状況や月々の収支内訳

金融資産額(運用中の投資額と預貯金を合わせた金額):150万円

内訳
預金:120万円
個別株:30万(特定口座で、ある1銘柄を100株分所有している)

収支
<収入>
・毎月の手取り収入:38万円
・手取りの年収:550万円 

<支出>
・毎月38万円

<支出内訳>
住居費(賃貸)5.5万円    、水道光熱費3万円、食費5万円、車両費3万円、通信費2万円、生命保険料1万円、小遣い2万円、残りの16.5万円は貯金・その他

【PR】「信頼できる資産運用アドバイザーの選び方」セミナー映像を無料プレゼント!~証券会社、銀行、IFAへ相談するメリットとデメリットとは?~