自動車業界の革命児? テスラの経営手法とは

イーロン・マスクがCEOを務める電気自動車メーカー「テスラ」は、革新的経営スタイルでも知られている。一般的な自動車メーカーは自社の販売店を持つものだ。店舗へ来店した客に営業を行うスタイルこそが、自動車業界が長年培ってきた販売手法だと言える。

一方のテスラは2019年頃からそれまであった販売店をすべてなくし、完全オンライン販売への切り替えを推進。テスラの製品を購入するには、公式ホームページから注文することが必要となっている。完全オンライン化で、テナント料や人件費など、販売店の維持にかかるコストを削減できる。その分、浮いた金額を製品の開発費へと回せるのだ。

テスラは広告に費用をかけない点でも自動車メーカーとして異質だ。従来のメーカーのように、テレビやYouTubeでCMを流すといった広告活動を一切行っていない。その代わりSNSなど、コストがあまりかからない媒体の活用が中心だ。

イーロン・マスク自身も個人のアカウントで、Twitterへの投稿を頻繁に行っている。彼のアカウントのフォロワー数は4900万人にも上る。この数字はテスラ社公式アカウントのフォロワー数である約850万人を大きく上回る数字だ。

また、テスラの自動車が「コネクテッドカー」である点にも注目したい。コネクテッドカーとは、インターネットへの常時接続機能を持つ自動車のこと。スマホアプリのようにアップデートすることで、機能の追加や改良を行うことができる。過去にはテスラ社が自社の自動車を「車輪がついたアプリ」と称したこともあった。システムのアップデートで加速力が向上するなど、購入後も進化し続けるのがテスラ車の特徴だ。

テスラの時価総額がトヨタを抜いた理由

革新的ビジネスモデルであるが、市場もテスラを受け入れている。

2020年7月、テスラの資産価値は時価総額約41兆円に達した。これにより、それまで長らく不動の業界トップであったトヨタを追い抜き、時価総額で世界首位の自動車メーカーという快挙を達成したのだ。

2020年の年間販売台数も、約50万台を記録。前年から36%増加した。とはいえ、まだまだ生産規模や販路の整備は、歴史ある自動車メーカーに及ばないのも事実。例えば、トヨタの2020年の販売台数は950万台と、テスラの約20倍もの数字だ。

販売数で劣るにもかかわらず、なぜテスラの時価総額はトヨタを抜いたのか。

それは、現在の企業価値だけでなく、将来への期待も踏まえて株価に反映されているためだ。時価総額は「株価×発行済株式数」で表される。株価が上昇すれば、自然と時価総額も大きくなるのだ。

テスラが掲げる事業の目的は「持続可能なエネルギーへ、世界の移行を加速する」。この目的を達成するため、自動車の開発は必須ではない。

実際、2015年には太陽光発電による家庭用蓄電池「パワーウォール」の販売を米国で開始。単なる電気自動車メーカーではないことを示している。

投資家もテスラを単なる自動車メーカーの1社として捉えていない。テスラが持続可能な社会の実現を後押ししてくれることに、期待しているのだ。これまでの自動車メーカーにとどまらない動きを見れば、投資家たちが期待せずにいられない気持ちも理解できる。

テスラ参戦で爆上がり! ビットコイン市場にも嵐を呼ぶ

2017年に一大ブームを巻き起こしたビットコイン。2020年に再び急騰し始め、2021年3月には600万円超え。1年で10倍以上の値上がりを見せた。

そんなビットコインの上昇には、イーロン・マスクの発言が影響を及ぼすこともある。例えば2021年2月に、音声SNSの「Clubhouse」でイーロン・マスクが次のように言及した。

「私はビットコインのサポーターだ」「ビットコインは金融界の人々からも受け入れられる直前にある」

生い立ち、キャリア、発言から紐解く イーロン・マスクとはどんな人物か?

イーロン・マスク氏(Photo by Britta Pedersen-Pool/Getty Images)

この発言を受けて、ビットコインの価格は一時大きく高騰した。

さらにその翌週、テスラは米証券取引委員会への提出資料で15億円分のビットコイン購入を明らかにした。加えて、今後はテスラの電気自動車をビットコインで購入できる仕組みも整えると発表。公表されたわずか20分後には、ビットコインの価格が10%も急上昇した。

時には Twitterの“つぶやき”で株価が動くことも

並外れた成功を収める者は、常人とは違った行動や考え方をすることが多い。イーロン・マスクも例外ではない。彼の行動は度々世間の注目を集めている。

2020年5月にカナダ出身のアーティスト、グライムスとの間にイーロン・マスクにとって7人目の息子が誕生する。2人は子供に「X Æ A-Xii」という、人とは思えないような名前を命名した。「エックスアッシュエートゥエルブ」と発音するのだ。

ある時、イーロン・マスクに取材した記者が「エックスアッシュエートゥエルブ君は元気ですか?」と質問をした。当の父親は何のことかわからない様子で聞き返す。記者が同じ質問を繰り返し、その意味を理解すると「あぁ!私の子供のことですね。パスワードみたいに聞こえる」と笑いながら返したというエピソードもある。

時には、彼の行動が株価へも影響を与えてしまう。2018年4月1日、イーロン・マスクは自身のTwitterに「テスラが経営破綻した」と投稿。「破産」と書かれた段ボールを掲げ、自社製品であるテスラ「モデル3」にもたれかかり、へたり込む自らの写真が添えられた。これはエイプリルフールのジョークであり、テスラが破綻した事実はない。しかし、このジョークに対して投資家は実に冷ややかな反応を示した。

この前週、テスラ車の自動運転中に起きた衝突事故でドライバーが死亡する事態が起きていた。一部の株主にとって、企業への信用が試されるこのタイミングで、あまりにも笑えない冗談であったようだ。2日後にジョークであったとネタばらしツイートをするも、株価が最大で8%下落。イーロン・マスクにしてみればほんの冗談のつもりの投稿で、時価総額にして約25億ドル(約265億円)が失われたのであった。

イーロン・マスクの動向は投資の判断材料にも!?

2021年の2月、3万400人のアメリカ人を対象としたオンライン調査で「イーロン・マスクのツイートをもとに個人的な投資をしたことがあるか」という質問がされた。この調査結果では回答者の37%が「ある」と回答。イーロン・マスクの動向が、投資の判断材料になっているわけだ。

テスラは、2020年12月に米国株式市場の状態を示す主要3指標の1つ「S&P500」の1社に選定されている。S&P500は投資の神様、ウォーレン・バフェットのお墨付き銘柄でもあり「世界最強の株式インデックス」との呼び声も高い。この指数は時価総額加重平均型株価指数と呼ばれ、時価総額が高い大型株ほど強い影響力を持つ。S&P500の構成銘柄の中で6番目の時価総額を誇るテスラ(2021年3月19日時点)。株式市場への影響力は、想像以上に高いと言えそうだ。

BMI、地下輸送計画……あくなき挑戦は続く

数々の事業で、輝かしい功績を収めてきたイーロン・マスク。彼には人類を火星に移住させる計画以外にも、まだまだ果たしたい夢があるようだ。例えば、脳とコンピューターをつなぐ技術(ブレイン・マシン・インターフェイス/BMI)の研究。BMIは、将来的には念じるだけで車を呼び出せたり、ゲームを操作できるようになることを目標としているそうだ。

また、地下のトンネルを超高速で移動する「ハイパーループ計画」にも乗りだしている。地下のトンネルを電気自動車(EV)が最高時速150マイル(241.4km)で旅客を輸送するのが目標だと言う。

よりよい未来の実現を目指し、挑戦を続けるイーロン・マスク。世界を巻き込みながら、今後も画期的なイノベーションを起こしていくだろう。

あまりに大きい影響力を持つ彼の動向は、投資家であればチェックしておきたい。