2021年3月3日、イーロン・マスクがCEOを務めるスペースX社は、開発中の巨大宇宙船「スターシップ」の無人飛行の打ち上げと着地を初めて成功させた。着陸直後に機体が炎上し、爆発することになったものの、月や火星への移住計画は着実に進んでいる。

2023年には、実業家の前澤友作氏を乗せた月旅行も計画しているスペースX社。その創業者であるイーロン・マスクは、米電気自動車メーカー「テスラ」のCEOとしても知られる。そのほか太陽光発電事業を展開する「ソーラーシティ」の会長でありながら、世界有数の電子決済サービス「PayPal」の創業メンバーでもある。幅広い事業で成功を収め、世界でも有数の資産家になった。

並外れた影響力を持つカリスマ経営者として、スティーブ・ジョブズとも度々比較されるマスク。前編では彼の生い立ちや展開する事業に迫りたい。

天才と呼ばれた少年は、アメリカに渡りIT長者に

イーロン・マスクが誕生したのは1971年。南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリアの裕福な家庭で生まれた。好奇心旺盛で、読書好き。特にSF小説など、未知なるものを扱うジャンルに強い関心を示したと言う。

その後、コンピューターとの運命的な出会いをきっかけに、10歳でプログラミングを学び始める。12歳には、自作のゲーム「Blaster」を開発。この頃から、地元では天才として有名だった。

高校を卒業する頃には「将来、起業したい」という想いを抱いていたというイーロン・マスク。「インターネット」「再生可能エネルギー」「宇宙」の3つの分野に可能性を感じ、自分が進むべき道であると、すでに意思を固めていた。

その実現場所として「アメリカに行きたい」と考えた彼は、まず母親の出身地でもあるカナダの親戚を頼って移住。オンタリオ州のクイーンズ大学に進学し、2年生の時に、奨学金を得て米国のペンシルバニア大学ウォートン校に編入した。そこでは、経済学と物理学の学位を取得。その後、米屈指の名門スタンフォード大学の大学院に進学した。

しかし、入学からわずか2日後に同校を退学。理由は、地域情報サイトの運営会社「Zip2」を、弟のキンバル・マスクと立ち上げるためだった。

大手新聞社の記事をサイトに掲載することで、大成功を収めたZip2。同社は後にPC大手のコンパック社に約3億ドルあまり(約300億強円)で買収され、マスク氏の手元には約2200万ドル(約22億円)もの大金が残された。まだ彼が27歳の時である。

若くして成功者となったイーロン・マスク。しかし、彼は満足することもなく1999年11月にはオンライン銀行「X.com」を設立。X.comは2001年に最大のライバル企業であったコンフィ二ティ社と合併。後に「PayPal」となった。

優秀な人材が揃っていたPayPalは急成長を遂げ、設立間もない2002年にeBayに買収される。そして、イーロン・マスクは1億8000万ドル(約200億円)もの大金を再び手にした。

こうして大富豪の仲間入りを果たしたマスクであったが、それは彼にとってのゴールではなかった。イーロン・マスクの大躍進は、ここからが本番である。

宇宙開発からクリーンエネルギー、手がけた事業は数知れず

PayPalまでのイーロン・マスクは、短期間で成功したIT長者の一人という見方だった。世界が彼のカリスマ性に注目し始めたのは、2002年にスペースX社を設立してからだろう。彼が抱く壮大な夢に、多くの人々が注目し始めたのだ。

人類を火星へ移住させることを目標とする「スペースX」

スペースX社の最終目的は、人類を火星へ移住させることだ。そのためにも、2024年から2026年の間に、人類初となる火星の有人着陸を成功させることが当面の目標だ。

さらに人工衛星を介して地球上のあらゆる場所から、高速インターネットへのアクセスを可能とする「スターリンク」という技術にも注目が集まる。実現すれば、現在は環境が整備されていない国でも、インターネットの利用が可能だと言う。

一度の充電で走行距離1000kmを可能とする「テスラ」の電気自動車

2003年には電気自動車メーカー「テスラ」も設立した。テスラ社の看板モデルは「ロードスター」。2022年より生産開始予定の新型ロードスターは、最高速度400km、一度の充電で走行距離1000kmが可能となる予定だ。実現すれば、ガソリン車にこだわる理由もなくなる。

またテスラでは現在、「自動運転システム」の開発にも取り組んでいる。完全自動運転の技術が確立した後には、ロボタクシー事業をスタートさせることも視野に入れている。早ければ2020年代前半に、実現する予定だという。 

さらにイーロン・マスクは、従兄弟が創業したソーラーシティ社を買収し、「ソーラールーフ」を開発している。ソーラーパネルと建材を一体化させた商品で、従来の屋根瓦の3倍の強度を持ちながら、太陽光発電を行うことができるのだ。

ひとりブラック企業? カリスマ経営者のワークスタイル

数多くの事業を展開するイーロン・マスクは「毎週80時間から100時間くらい、がむしゃらに働くことで、成功する確率を高めることができる」と公言している。1週間は168時間なので、睡眠や食事時間を考慮すると、趣味に割く時間はほとんどないと言える。

時代錯誤とも言えるワーカホリック具合であるが、イーロン・マスクの成功はこの長時間労働がもたらした側面もあるかもしれない。

ただ彼の場合「目標がどこにあって何をすべきなのか? そのことが分かれば、人々はもっとよく働くはず。みんなが朝から働いて仕事を楽しむようになるのでは?」とも話している通り、仕事が楽しくて仕方ないのであろう。

イーロン・マスクは世界を変える? その原動力の正体は

「大学生の時に、世界を変えることに携わりたいと思っていた。今もそう考えている」

この発言の通り「世界を変えたい」という想いが、彼の原動力だと言える。マスク氏が生まれた頃の南アフリカは、歴史上アパルトヘイト(人種隔離政策)の対立が最も激しい時代だった。当時、まだ5歳だった頃を回想し、「黒人が不当に虐げられている現実を見て、自分が白人であることを恥ずかしいと感じた」と話している。この経験が、彼の「世界を変えたい」「人類を救いたい」という思いを抱く原体験だったのかもしれない。

火星への移住計画に、自動運転車。イーロン・マスクが手がける事業はどれも、人類が抱く夢や目標に繋がる。さらにどの事業も、環境問題への対応を意識していることも見逃せない。例えばスペースX社で制作するロケットは、再生利用可能なパーツの使用を重視しているそうだ。テスラ社が世に出す自動車は、創業以来すべて電気自動車という姿勢も徹底している。

今年で50歳を迎えるイーロン・マスク。思い描く理想を実現するために、どこまでやり抜くのか。人類にどんな未来を見せてくれるのか。これからも彼の動向から、目が離せない。

Photo by Britta Pedersen-Pool/Getty Images