支出さえ管理すれば、お金を残すことは容易

日本は働いている人の約9割がサラリーマンです。そして彼らの多くは「自分たちはしょせん決まった給料しかもらえないのだから、お金持ちになれるわけがない」と思っています。もしお金持ちになりたいなら、若い内に起業して上場を目指すといった具合に企業オーナーになることを考える人が多いでしょう。なぜなら世の中で、一般的に“お金持ち”とか“資産家”といわれている人たちといえば、タレント、お医者さん、そして企業経営者といったイメージだからです。

しかしながら、私は長年にわたって証券会社で投資相談の仕事をしてきましたので、金融資産を億単位で持つ人々をたくさん見てきましたが、実はそういう人の中には意外とサラリーマンの人たちの方がはるかに多いのです。ではなぜそうなるのでしょうか?その最大の理由は「収支」にあります。

多くの人はお金持ちになるためには収入を増やすということしか考えていません。しかし、資産形成で本当に大切なのは収入ではなくて「収支」なのです。つまり入ってくるお金と同じぐらい、場合によってはそれ以上に出て行くお金を管理することが大切なのです。

前述のタレントやオーナーといった人達に共通するのは、収入が必ずしも一定ではないことです。オーナーなら事業が当たれば、大きな儲けが出るし、タレントは有名になれば、出演料やCMで大きな収入が入ってきますが、反対に下手をすれば一銭も入らない時だってありえます。つまり「入ってくるお金」がなかなか読めないのです。

一方、「出ていくお金」は、特別に贅沢な生活をしていなければ、ある程度読めるはずでしょうが、タレントなどは仕事柄、生活が派手になりがちだし、商売や事業をしていると設備投資や商品の仕入などの機会には、資金を出さざるを得ません。つまり不安定な収入と意図せざる支出に悩まされ続けることになるのが彼らの生活なのです。

これに対してサラリーマンの場合、収入はずっと安定しています。したがって、支出をきちんと管理することによって、入ってくる収入の範囲内で生活する習慣をつけるようにすれば、派手な職業の人たちよりはずっとお金を残すことは容易なのです。このやり方さえ間違わなければサラリーマンの方がずっと計画的に資産形成ができ、お金持ちになれるという実例を私はたくさん見てきました。にもかかわらず、多くのサラリーマンはなかなか資産形成ができません。これは一体どういうわけでしょう?

この理由は「現在バイアス」という心の罠にあります。これは「人は誰でも目先の楽しいことを優先させてしまう」という心の傾向のことです。たいてい誰でもこの「現在バイアス」が強いのが普通です。そのため、人はどうしても老後のための資金を貯めるよりも遊びや買い物に使ってしまいがちになってしまう傾向があるのです。

サラリーマンの場合、収入はほぼ一定なので問題ありませんが、支出がこの「現在バイアス」によって大きく乱れがちになります。資産形成のために計画的に貯蓄や投資をすべきだと分かっていながら、どうしても目先の旅行や食事などの楽しいイベントにお金を使ってしまうということになりがちです。

給与天引きを活用して、残ったお金の中で暮らす習慣づけを

では一体どうすればいいのでしょう? サラリーマンならではの対策が二つあります。まずひとつは給与天引きをフルに活用することです。実は給与天引きには不思議な効果があります。それは「メンタルアカウンティング」という効果で、心の中で勝手にお金が仕訳される不思議な心理のことです。最初から一定額を天引きし、残ったお金で生活するようにすれば、知らず知らずの内にお金は貯まっていきます。一定額を強制的に天引きすることで、最初は少し生活が窮屈に感じてもすぐに慣れてくるのです。

なぜなら天引きで引かれてしまったものは最初から「無かったもの」と認識されるからです。そうすれば天引きされた後の残りのお金はどんなに無駄遣いしても大丈夫です。もし会社に給与天引きで貯蓄をする仕組みがなければ、銀行からの自動引き落としでも構いません。

次に、「会社の制度を利用すること」です。そもそも会社の制度というのは会社が利益を上げるために運営しているのではなく、社員の福利厚生のために作られています。したがって、市販の金融商品や制度に比べて非常に有利にできています。ただし、最近はそうした社内の福利厚生制度を廃止する企業も増えていますから、誰もが利用できるわけではないでしょうが、そういう仕組みがあれば、積極的に活用すべきでしょう。

実際に会社員で多くの金融資産を作った人を見てみると、そのほとんどは、何か特別なことをしているわけではなく、長年にわたってこうした給与天引きによる制度を地味に実行してきた人達であることがわかります。

あらためてお金を貯めるというのは相当な決心が必要です。それでも、「会社の制度」を「天引きで」利用すれば、心理的な要因を逆に利用することができ、手間をかけずにお金が残っていくということをまず知っておいてください。