投資よりも仕事を覚え、収支管理を身につける方が先

資産形成をするにあたっては、順序が大切です。特に若い人にとっては、まず早く仕事を覚え、仕事で成果を出すことが何よりも重要なことです。なぜなら仕事を頑張って早く昇格し、それに伴って昇給することがお金を稼ぐ上ではもっとも大事なことだからです。

さらに今までの回でお話してきたように、公的年金をはじめとする社会保険の仕組みや自分が勤める会社の制度をきちんと理解しておくべきでしょう。その上で、支出をきちんと管理し、無駄な保険に入らないようにすること、これが若い内から資産形成を行うためのもっとも有効な方法だと言って良いと思います。投資をするのはそれから後でも構わないのです。

それでも、やはり投資はやらないよりは、やった方が良いと思います。なぜなら自分の将来の経済状態は不確実だからです。もちろん投資の結果も不確実です。でもこれは、結果が不確実(リスクが高い)だからこそ、高い収益(リターンが高い)が見込めるのです。いずれにしても将来が不確実であることから逃れることはできないわけですから、一定割合のお金を不確実だけれども高い利益が期待できる投資に回すということは合理的な考え方だと思います。

投資で資産形成をしようと思った場合、一番大事な考え方は、「時間を味方につける」ということでしょう。別な言い方をすれば、短期的な価格変動に惑わされることなく、成果が出るまで“待つ”ということがもっとも大切なことなのです。なぜなら短期的な価格の変動は誰も的確に予測することができないからです。個別企業への株式投資の場合でも、その企業が長期にわたって成長し、利益を出し続けることを“待つ”ということが大事ですし、投資信託などを利用して市場全体に投資する場合でも短期的な動きに焦ることなく、世界経済全体が長期に成長することを“待つ”ことが大切です。

過去に投資を通じて資産形成を果たした人はほとんど例外なく、この“待つ”ということができた人ばかりです。したがって、年齢が若いということは味方につけることのできる時間をたっぷり持っているというアドバンテージがあると考えた方がいいでしょう。

投資デビューを果たすには、最低限の勉強は必要

ただ、私は何も考えずに、とにかく投資をやりなさいという考え方には反対です。投資を始める前にやるべきことがあります。それは勉強して最低限必要な知識を身につけるということです。もちろん投資というのは勉強したからと言って必ずうまくいくとは限りません。いやむしろ、勉強と儲けにはあまり関係ないと言っても良いかもしれません。でも勉強と損失の間には明確に関係があると私は思っています。勉強したからと言って儲かるとは限らないが、何も勉強しておかなければ損をする確率は確実に高くなると思うからです。

これは自動車の運転免許を考えるとわかりやすいでしょう。運転免許を取ったからといって車の運転が上手くなるとは限りません。免許証というのは運転の免許皆伝ではないからです。でも免許証をとらなければ道路は走れませんし、免許証を取れば、交通ルールは学ぶことができますから、事故に遭う可能性は少なくなるでしょう。もし交通ルールを勉強しないまま道路に出たら事故になる確率は確実に高まります。

もちろん、勉強ばかりしても仕方ないことは事実で、自分で体験して始めないことには意味がないということはその通りですが、それでも最低限、投資の基本について1冊か2冊ぐらいは本を読んでおくべきでしょう。具体的に言うと、投資にかかる費用(=手数料)の水準であるとか、株式や債券といった有価証券の価格変動のメカニズムだとか、まあ最低、そのぐらいのことは知った上で投資を始めるべきです。

積立投資で小さな失敗を経験してこそ、投資と上手く付き合える

最後に一つ、これも投資を始める上で大切なことをお話しておきたいと思います。投資するにあたっては、軍資金を貯めてまとまった金額で投資するのではなく、「少額から」始めることです。

その理由は投資に関しては、人間の自然な気持ちは間違いを犯す可能性が高いからです。よく「短期的な値動きに一喜一憂してはいけない」と言われますが、現実にはなかなかそんな気持ちにはなれません。おそらく今まで投資の経験のある人で一度も失敗したことがないという人はほとんどいないでしょう。誰もが何らかの失敗は経験していると思います。

でも投資金額が少額であれば失敗したとしても、大きなダメージにはなりません。でも損をしたということは金額の大小にかかわらず反省を促してくれます。ですから、小さな失敗を恐れる必要はありません。というよりもむしろ、私は小さい失敗は大いに経験すべきだと思います。年配の人が陥りがちな典型的な失敗が、それまでまったく投資の経験がないにもかかわらず、退職金などのまとまったお金が手に入ったことでいきなり投資をするという行動をとってしまうことです。

まさに「積立投資」で構わないので、少額からスタートして、失敗を体験することが投資を始める上で大切なことだと思います。