iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)は税制メリットが大きい、お得な制度です。まず、積み立てるときには掛金が全額所得控除の対象になり、運用するときには運用益が非課税に、また、受け取るときも退職所得控除や公的年金等控除が適用になるのです。

その中でも、最も魅力的だとされるメリットが掛金の全額所得控除ですね。先日、公表された投資信託協会のアンケート調査(一般社団法人 投資信託協会「投資信託に関するアンケート調査報告書-2020年(令和2年)NISA,iDeCo等制度編」)でも2位のトリプルスコアとダントツでした。

掛金の全額所得控除は、所得税や住民税を負担している人であれば、誰でも必ず税金の負担が減るメリットですから、この結果もうなずけます。

でも、先ほどのアンケート調査結果をひと通り眺めてみると、「運用益非課税のメリットをちゃんと考えている人が増えているなぁ~」とも感じます。そして、これまでとは違う「これからのiDeCoの姿」を思い描くことができました。どういうことなのか、ご説明しましょう。

***

セミナー参加者(以下、参加者)
セミナーでご説明いただいたiDeCoの税制メリットのこと、よく分かりました。
特に、掛金の全額所得控除はとても魅力的なメリットですね。

講師
そうですね。本質的に掛金の全額所得控除とは、税金が減って手取りが増えるってことですから、現役世代の皆さんにとってはうれしいメリットですよね。
でも、不公平なメリットでもあるんですよ。

参加者
えっ、不公平ってどういうことですか?

全額所得控除は「不公平」なメリット、運用益非課税は「公平」なメリット

講師
所得税率が高い所得が多い人ほど所得控除のメリットが大きくなる、ということです。
iDeCoで同じ金額を積み立てていても、所得の多い・少ないで負担が軽減される税金の金額に差が出るので、ある意味、不公平だと申し上げたわけです。

参加者
なるほど。考え方としては分かりましたけど……。

講師
考え方を整理するために、掛金全額所得控除と運用益非課税を比較してみました。

参加者
え~と、誰でも得する掛金全額所得控除で所得が多いほどメリットが大きくなるというのは、先ほど、不公平なメリットだとおっしゃっていたことですね。
税金の負担が減る分、「手取りが増える」ことになるので、たしかにiDeCo資産が増えるわけではないのも分かります。

講師
一方、運用益非課税は儲かった人だけが得するメリットです。でも、高いリターンを目指してリスクを取るチャンスは誰にでもありますよね。
ですから、「運用益非課税」は、ある意味、とても公平なメリットだと思うのです。さらに、リスクを取ったことに対する報酬として高いリターンが得られれば、それが直接、iDeCo資産が増えることにつながります。

参加者
不公平だけど誰でも得するのが掛金全額所得控除で、公平だけど儲かった人だけが得するのが運用益非課税ってことですか……。
どっちかを選べと言われれば、私は誰もが得する掛金全額所得控除に軍配を上げると思います。

iDeCoでは、高い期待リターンが見込める商品を選ぶ人が増えている

講師
今おっしゃっていることが、まさに、冒頭で紹介した投資信託協会のアンケート結果にも表れているのだと思います。でも、大切なのは順番をつけることではなく、それぞれのメリットを最大限活かすために何をすべきか、ですよね?
例えば、運用益非課税のメリットを考えた場合、何をすべきだと思いますか?

参加者
そうですね~……運用益非課税はリターンが高くなればなるほどメリットが大きくなるので、iDeCoの運用では高い期待リターンが見込める商品を選んだほうがいい、ということでしょうか?

講師
ありがとうございます。セミナーでご説明したことをよく理解されていて、うれしいですね。
もちろん、高い期待リターンの裏にはリスクがありますので、誰もが同じように行動すべきだとは思っていません。でも最近、iDeCoでは、高い期待リターンが見込める商品を選ぶ人が増えているんですよ!
先ほどの投資信託協会のアンケート結果から、iDeCo利用者が保有している投資信託のカテゴリーに関する傾向をまとめてみました。

参加者
あっ、本当だ。比較的、価格変動幅が大きい分、高いリターンが狙える株式カテゴリーがトップ2を占めていて、その他、外国債券カテゴリーも増えています。積極的に運用されている人が増えているんですね。
この1年は相当、儲かったんじゃないですか?

講師
そうですね(笑)。iDeCoの資産が増えて、運用益非課税のメリットを実感されている人も増えていると思います。
そして、私はこんなふうにも考えています。
今までは「iDeCoを」やっているかやっていないかで差がついていましたが、これからは、「分散投資を」やっているかやっていないかで差がつくようになる、と。

参加者
それって、どういうことですか?

これからのiDeCoは「分散投資」で差がつく時代に

講師
これはまさに、掛金全額所得控除のメリットと運用益非課税のメリットの違いを意味しているのですが、これまでご説明してきたことも踏まえて整理してみました。

講師
掛金全額所得控除で誰でも得するってことは、iDeCoを「やっていない」人は得しない、わけですが、みんながiDeCoを「やっている」人になると、みんな、得することにもなります。

参加者
iDeCoをみんながやる世の中になると、掛金全額所得控除のメリットでは差がつかなくなっているってことですね。

講師
そういうことです。
ここ数年でiDeCoの加入者が増え続けていく中で、これからiDeCoで差がつくとすれば、「分散投資を」やっているかやっていないの差になるのかなぁ~、と常々思っていました。掛金全額所得控除が当たり前になるとすれば、今度は、運用益非課税のメリットを活かせるかどうかがカギになる、ということです。

参加者
分散投資、ですか……。
そういえば、セミナーで「分散投資には、アセットアロケーションとアセットロケーションがある」という説明をされていましたね。
アセットアロケーションとは、株式、債券、金(きん)といった投資先資産のカテゴリー(種類)の配分を考えることで、例えば、iDeCoでバランスファンドに投資することもその1つとおっしゃっていました。
一方、アセットロケーションのほうは……確か、資産の「置き場所」を考えることだったと思います。

講師
それでは簡単におさらいしましょうか。
分散投資とは、「投資対象」を分散させること。これにより値動きのブレを抑えることが可能になるので、安定的な資産形成につながります。そして、ご説明いただいたように、どの投資対象にどれだけの資産を配分するかを考えることがアセットアロケーションです。
このアセットアロケーションをiDeCo口座の中だけで考えると、ご自身で商品を組み合わせるか、あるいは、既に複数資産が組み合わされているターゲットデートファンド(TDF)やバランスファンドなどに投資をすることになりますね。
一方、アセットロケーションとは、「お金の置き場所」の配分を考えることです。アセットアロケーションをiDeCoだけでなく、ご自身の資産全体で考えるということが、その実践の第一歩になります。例えば、既に預貯金で資産を多く保有しているのであれば、iDeCoでは株式投資信託だけを選ぶ、という具合です。
さらには、保有資産は預貯金も含めて円建ての資産ばかり、というのであれば、iDeCoでは外国株式投資信託で積極的にリスクを取ることも合理的になるのです。また、高い期待リターンが見込める株式投資信託は、運用益が非課税のiDeCoに置いておくといった話も、アセットロケーションの考え方ですね。
「分散」投資とは、よく知られる資産の分散だけでなく、置き場所の分散も含めた考え方だと言えます。

参加者
確かに、アセットアロケーションの話は以前から繰り返しお聞きしていましたが、アセットロケーションの話は、正直、あまり詳しく覚えていませんでした……。

講師
名前もよく似ていますから、無理もありません。でも、アセットアロケーションに加えて、アセットロケーションも、両方重要な考え方なんですよ。
先ほどの投資信託の資産カテゴリー別保有者割合のアンケート結果を見ると、「様々な資産」が減って、「外国株式」が増えているじゃないですか。
これは、比較的高い期待リターンが見込める「外国株式」を、運用益非課税のメリットがあるiDeCoに置いておく、つまり、アセットロケーションを重視して商品を選ぶ人が増えている、ということだと思います。

参加者
なるほど~、よく分かりました。運用益非課税のメリットを改めて考えると、iDeCoの魅力がさらに増したような気がします。
iDeCoでアセットロケーション、考えたいと思います!

***

iDeCoのメリットといえば、「掛金全額所得控除」の独り勝ちですが、私は前々から、運用益非課税はもっと評価されてもいいメリットだと思っていました。なぜなら、iDeCoを通じた資産形成に直結するメリットは運用益非課税だからです。

そんな私の思いが「確信」に変わったきっかけが、先日公表された投資信託協会のアンケート結果です。税制メリットの魅力としては大きく引き離された二番手ですが、運用益非課税のメリットをちゃんと理解したiDeCo利用者が増えている一つの証拠だと言えるでしょう。

「確信」に変わった私の思いを、たくさんの現役世代の皆さまに知っていただきたいですね。ご参考まで。