2021年2月、福岡銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」の概要

福岡銀行で2月に販売ランキング1位になったのは、スパークス・新・国際優良日本株ファンド。高い技術力やブランド力があり、今後グローバルでの活躍が期待できる日本企業に投資するファンドだ。2008年3月に設定され、10年以上の運用期間を誇る。さらに「R&Iファンド大賞2020」において、「投資信託10年部門・国内株式」と「投資信託部門・国内株式」で優秀ファンド賞を受賞している。

2月末時点における組入銘柄上位は、以下の通りだ。

1.日本電産 10.9% 2.ソニー  10.0% 3.ソフトバンクグループ 9.1% 4.リクルートホールディングス 9.1% 5.キーエンス 8.3%

2月の運用成績は1.11%だったが、過去1年間では38.69%、設定来では411.56%と高いパフォーマンスを誇っている。ただ2月下旬から主要国の金利が上昇するなか、株式市場は不安定な相場環境になっている。3月も引き続き販売件数トップになるかどうかに注目だ。

全体を見て:「インデックス<アクティブ」の福岡銀行

販売件数1位は日本株のファンドであったが、2位のベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンドや、3位のひふみワールド+は世界の株式に投資するファンドだ。投資信託全体では外国株式ファンドへの資金流入が続いているが、福岡銀行でも外国株式の人気が高いことがわかる。

さらに販売件数上位にアクティブファンドが多いのも特徴だ。福岡銀行では指数に連動する運用成果を目指すインデックスファンドよりも、指数を上回る運用成果を狙うアクティブファンドに力を入れていることがわかる。

ここに注目:J-REIT型ファンドへの注目が次月も続くのか

4位、7位、10位にはJ-REIT(不動産投資信託)に投資するファンドがランクインしている。4位のJ-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)は、国内のJ-REITに投資し、安定的なインカムゲインの確保と投資信託財産の中長期的な成長を目指すファンドだ。

2月の運用成績は5.55%と好調だった。米国の追加経済対策による景気回復や新型コロナワクチン普及による経済正常化に対する期待が高まり、株式市場に比べて出遅れていたJ-REIT市場に資金が流入したからだ。

ただ、主要各国の金利が上昇していることはJ-REIT市場にとって逆風となる。3月も引き続き販売件数上位になるのかどうかに注目している。