プロフェッショナルとはどんな方を指すのでしょうか? 2月6日を「プロフェッショナルの日」と定めた「みらいワークス(証券コード:6563)」によると、「仕事を時間ベースではなくアウトプットベースで捉え、自分の活躍できる環境を自分で選択していく主体性のある人」をプロフェッショナルというようです。このような方が職場にいるなら頼もしいでしょうね。

2019年4月から、このようなプロフェッショナルがより自由に働けるよう「高度プロフェッショナル制度」が始まりました。今日は高度プロフェッショナル制度の概要と、関連が深い「労働基準法」と「最低賃金法」について学びましょう。

「プロ」の語呂合わせで2月6日は「プロフェッショナルの日」

プロフェッショナルの日は2019年1月、人材サービス企業「みらいワークス」によって定められました。2月6日としたのは「2(プ)6(ロ)」の語呂合わせからです。

同社はプロフェッショナル人材に特化した採用支援を展開していますが、売り上げは2017年12月の上場から一貫して上昇しています。プロフェッショナル人材に対するニーズは年々上昇しているのかもしれません。

【みらいワークスの業績推移】

※「2022年9月期(予想)」は2021年9月期時点における同社の予想