『人を動かす』D・カーネギー著

最初の本は『人を動かす』です。とても有名な本なので、読んだことがある方も多いでしょう。

私がこの本に出会ったのは大学2年生の時(1987年)です。人生経験はまだまだこれからという19歳の若者が読むには、難しい箇所もありましたが、2ヶ所だけは今でも頭の中に残っています。

1つは「盗人にも五分の理を認める」というところです。人を非難するのではなく理解する努力をしようという意味のはずです。人の文句を言うのは天に向かって唾を吐くようなもので、必ず自分に返ってくるからしないようにと心に誓ったものです。

もう1つは、スティービー・ワンダーの少年時代の話です。目の不自由なスティービー・ワンダーが、学校の先生に素晴らしい耳の能力を認めてもらったことで、新しい人生が始まったというエピソードでした。先生にとっては、何気ない行動だったかもしれませんが、長所を褒められたり認められたりすることは誰でも嬉しいものだと改めて感じたものでした。

私のお伝えする一言がクライアントの方の日々の家計管理、資産運用だけでなく、ひいては人生にも関わることもある――FPという仕事をする上でも「その方のご事情や悩みを理解する、そしてその方を認める」この2つを“心得”として刻んでいます。

ちなみに、この本についてはもう1つ面白い話があります。就職活動の際、ある企業の面接で好きな本を聞かれてこの本を挙げたら、採用担当者に気に入ってもらえたようで、とんとん拍子で選考が進んで、新卒で入社することになりました。その企業とは住宅メーカーだったわけですが、そのキャリアが今、「住宅総合相談」をお受けしている礎になっています。そんな縁を結んでくれた本でもあります。

『君の思いは必ず実現する』稲盛和夫著

次は、お金観だけでなく人生観として影響を受けている1冊というより1人で、稲盛和夫さんです。稲盛さんの本は何冊も読んでいますが、1冊おすすめするとしたら『君の思いは必ず実現する』があります。

稲盛さんの本を読むようになったのは、FPになって自ら株式投資を始めてからです。

個別銘柄を調べている中で好業績の京セラが気になり、当時社長だった稲盛さんに興味を持ったのです。偉大な経営者なら松下幸之助さんや本田宗一郎さん、安藤百福さん等、数多く思い浮かびますが、現在進行形の稲盛和夫さんの方が時代背景を想像しやすく、数多くの失敗談にとても親しみを感じました。

『君の思いは必ず実現する』の中で心に刺さった言葉は枚挙にいとまがありませんが、例えば……
・上手く行かない状況は自分自身を高めていくために与えられた試練
・最も大事なのは、いつも明確な目標を持ち、それに向かって地味な努力を重ねていく事
・後悔だらけの人生ほどつまらないものはない
・人間性を高めるには、そうありたいと思い続けることが大事
・人生の結果=能力×熱意×考え方
・苦労するのは生きている証拠
・善いことを思い、善いことをすれば善い結果が出る

シンプルにして王道、力強い言葉の数々――これらの言葉を自分の中で消化し、行動に結び付けられるよう業務に向き合うことを自分に課しています。

また、「投資」に関して言うのなら、経営者の理念への共感は投資をする上でも重要ということです。個別株投資にはもちろんキャピタルゲインやインカムゲインという目的もありますが、その企業を応援するという側面もあるはずです。投資先が「応援したい」と思える企業かどうかを自分で確かめることも必要ではないでしょうか。

『GULLIVER 03号』マガジンハウス

最後に人生を楽しみたい、味わいたいと思うきっかけになった1冊です。1冊と言ってもマガジンハウスの旅行雑誌で、『GULLIVER』の創刊第3号(1990年)※です。
※編集部注:雑誌のため、現在は入手不可。

巻頭特集の「地中海の快楽島、イビサ」は表紙とわずか11ページほどの特集ですが、ページを開けた瞬間、20歳を過ぎたばかりの私を刺激するには十分過ぎました。実際に念願が叶い訪れたのは、13年経った2003年だったのですが、すぐにでも再訪したいと思えるほどの最高の場所、夢のような時間でした。

そして、お金の使い方にメリハリが出てきたのもその頃からです。再訪するには無駄遣いをしている場合ではないと思えたのです。お金を計画的に使う、マネージメントするという意識がいっそう明確になりました。

こうした経験からも、普通の人にとってはお金を得ることは人生の目的ではなく、楽しい人生、幸せな人生を送るための手段と考えています。ないよりはあった方がもちろんよいですが、必要な分だけあれば十分で、それ以上はお金を得るために努力するより、違うこと――それは趣味や自己研鑽、家族との時間など人それぞれですが――に対して、努力した方が素敵な人生になるのではないでしょうか。

お金を追いかけすぎず、時にはFPのようなプロの力を借りて、あなただけの人生を楽しんでほしいと思います。

***

エピローグとして、“こぼれ話”を2つほど。

実は、FP業を始めてからは、いわゆるマネー本(特に著者の思想が中心の本)からはあえて距離を取っています。というのも、私のFPとしての仕事の1つに「お金に関する執筆」がありますが、他の著者からの影響を極力受けないようにするためです。裏を返せば、やはり本にはそれほど力があるのだと思います。

また、今回のテーマは「本」でしたが、地図を見ることも大好きです。土地勘、そしてその土地や住宅の相場勘を磨くには、地図を眺め、実際に足を運ぶ……これが一番です。

つまり、本も“フィールドワーク”もどちらも大切――ということで、私のおすすめが皆さんのお役に立てればこんなに嬉しいことはありません。