「スタジオジブリ」を知らない方はほとんどいないでしょう。本日3月11日はその記念すべき第1号作品『風の谷のナウシカ』が公開された日です。スタジオジブリは同作品の成功をきっかけに設立されました。ちなみに「ジブリ」はサハラ砂漠に吹く熱風を指すイタリア語で、アニメ業界に熱風を起こすという思いから宮崎駿監督が名付けたそうです。

今日は「スタジオジブリの沿革」と「歴代興行収入ランキング」をチェックしましょう。また、今年11月に開園する「ジブリパーク」の最新情報もご紹介します。

ジブリシリーズ第1弾

『風の谷のナウシカ』は1984年3月11日に公開されました。現在も愛されている作品が38年も前に作られていたことに驚きます。同作品は観客動員数91万5000人を超え国民的なヒット作品となりました。徳間書店によると原作の漫画は2020年12月までに累計発行部数が1700万部を超えたそうです。

クオリティーもさることながら、驚くべきはスタジオジブリの公開ペースです。2020年の『アーヤと魔女』まで26本の作品を世に送り出しました。実に1年半に1本のペースで作品を公開している計算です。しかも短編作品は『On Your Mark』(約7分)と『ギブリーズ episode2』(約25分)のみで残りは全て長編アニメーション。それだけのペースでヒット作を連発しているのは他に例を見ないでしょう。

スタジオジブリの主な作品を以下にまとめました。当時の世相と一緒に振り返ってみてはいかがでしょうか。

【スタジオジブリの主な作品年表】

出所:スタジオジブリ「スタジオジブリの作品」