2021年2月、横浜銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「投資のソムリエ」の概要

横浜銀行で販売件数が1位だったのは「投資のソムリエ」だった。同ファンドは国内・先進国・新興国の株式と債券、および国内と先進国のREITの8資産に分散投資するバランスファンド。基準価額の変動リスクを年率4%位内に収めることを目標にして運用している。相場環境の変化に迅速に対応し、為替リスクも含めたファンド全体のリスクコントロールをおこなうのだ。

ただ、2月の騰落率は-1.12%と振るわなかった。同ファンドの2月の基本配分比率は、以下のようになっている。

国内債券:6.0% 為替ヘッジ先進国債券:52.5% 新興国債券:10.0% 国内株式:11.0% 先進国株式:5.0% 新興国株式:4.5% 国内REIT:4.5% 先進国REIT:4.5%

2月は米国長期金利が1.6%まで急上昇するなど、債券市場は軟調な展開だった(債券価格の下落)。その結果、投資のソムリエの「為替ヘッジ先進国債券」の騰落率も3%の下落となり、全体のパフォーマンスを押し下げたのだ。

ただ、投資のソムリエの人気は高い。2月の資金流入は約313億円となり、バランスファンドの中で9カ月連続の流入額首位となった。

横浜銀行での販売件数の多さは、同ファンドの人気の高さを裏付ける結果となっている。

全体を見て:国内外インデックスファンドが過半を占める

ランキング2位から4位まではインデックスファンドが占めている。日経平均株価やJ-REITなど国内の投資対象の他に、海外株式ではNASDAQ100指数に連動するインデックスファンドが3位になっている。

NASDAQ100指数は米国のナスダック市場に上場する金融セクター以外のうち、時価総額の大きい上位100銘柄で構成されている指数。マイクロソフトやアップルなど、世界的なIT企業を含む株価指数となっている。

2020年からのコロナ禍の中でも、いち早く株価が回復したのがマイクロソフトや、グーグルを擁するアルファベットなどの大手IT企業だったので、NASDAQ 100指数のパフォーマンスも好調であった。しかし、2月後半からは主要国の長期金利が上昇する中で、相対的な割高感が意識されやすいIT・ハイテク株は売られる展開になっていて、インデックスファンNASDAQ100(アメリカ株式)の2月の累積リターン(1カ月)も-1.12%と振るわなかった。

3月も引き続きランキング上位に入るかどうか注目だ。

ここに注目:中長期的目線で公益株に投資する「グロイン」が第5位に

5位のピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)は、アクティブファンドだが順位を上げてきている。

同ファンドは、主に世界の高配当利回りの公益株に投資するファンド。電力やガス・水道などのサービスを提供している公益企業は、景気動向に左右されにくく、収益基盤が比較的安定している点が特徴だ。

公益企業は高配当が魅力だが、2月は主要国の長期金利の上昇によって配当の魅力が薄れたために公益株が売られ、同ファンドの騰落率も-2.5%と振るわなかった。
純資産総額も1月から401億円減少している。しかし横浜銀行での販売件数は増えているので、短期的な下落を気にするのではなく、中長期的な視点で公益株に投資するという姿勢で販売をおこなったと考えられる。