「2000万円問題」の最中、若い世代への想いから設立

――「みらいプロジェクトコース」は、ESG投資・インパクト投資を行うこと、ビッグデータ・AIなど先進的なテーマに投資できること、そして利用者数に応じ三井住友銀行が寄付を行うことなど、「社会貢献」を打ち出しているのが特徴ですね。なぜ、こうした独自性の高いコースを立ち上げたのですか。

 みらいプロジェクトコースをリリースしたのは、2019年9月のことでした。当時は、いわゆる老後資金2000万円問題が大きな話題となっていた頃。SNS等を通じて「公的年金だけでは老後資金が足りないのでは?」という不安が若年層の間に広がっていき、結果として資産形成ニーズがより顕在化した時期でした。

三井住友銀行 田口紀子氏

こうした時代背景を踏まえて、「資産形成」による老後不安の解消を目的としつつ、「若い世代に明るい社会や未来を描いてほしい」との想いから、持続的な社会を支える企業への投資や、次世代を担う子どもたちを支援できるiDeCoのプランとしてつくったのが、みらいプロジェクトコースです。結果として、以下のような特徴を持つプランとなりました。

三井住友銀行「みらいプロジェクトコース」の特徴 1 運営管理機関手数料0円(条件なし・永年) 2 業界最安レベルの低信酬投信など、厳選した投資信託のみをラインアップ 3 全国の銀行窓口で相談しながら加入手続きが可能 4 業界初のコンセプト ESG投資・寄付等を通じた「iDeCo×社会貢献」 5 WEBでの加入申込みも受付開始。ますます利便性高く(2021/3/8~4/30キャンペーン実施中)

――みらいプロジェクトコースでは、定期預金などの元本確保型商品を扱っていませんね。マーケットが大きく変動する時には、元本確保型商品に資産を避難させたい人もいるように思います。「銀行」の看板を掲げながら、あえて元本確保商品を入れなかったのは、なぜなのでしょうか。

できるだけ多くのお客さまに、「積立投資」を通じた資産形成に取り組んでいただきたいと考えたことが大きな理由です。

バブル崩壊の苦い経験から、日本における「貯蓄から投資へ」の流れは道半ばです。近年、NISA制度を通じて多くの現役世代が積立投資に取り組み始めていますが、企業型DC(確定拠出年金)の加入者をはじめ、DC制度ではまだまだ元本確保型に資産が集まっているのが現状です。

そこで重要なのは「投資への抵抗感を下げる」ことだとわれわれは考えています。元本確保型をあえて入れないことで、多くの方に投資への一歩を踏み出していただきたい。そんな想いから商品選定を行いました。

もっとも、元本確保型を採用している「標準コース」へのコース変更は、いつでも可能です。特に若年層のお客さまにおいては、まず、みらいプロジェクトコースで資産形成をしていただき、リタイアが近くなったらコース変更を含めてライフプランを再考していただく、といったご利用スタイルが考えられると思います。

加入者の評価ポイントは「使い勝手」と「社会貢献性」

――みらいプロジェクトコースは、そうした特徴的なコンセプトによって他のiDeCoプランと大きく差別化が図られているプランだと感じています。加入者の皆さんは、どんなところを魅力と捉えていらっしゃるのでしょうか。

「手数料水準が低い」とのお声もたくさんあるのですが、「商品ラインアップが魅力的」というご意見や「社会に貢献するという理念に共感した」といったうれしいお言葉も頂戴しています。最近ではESG投資に関心を持たれたことで本コースを選んでいただくケースも増えていると聞いています。加入者の方にはぜひ、「商品を選ぶ楽しさ」を感じていただきたいと思いますね。

また、身近に店舗があること、対面で相談できることを重視される加入者様も多数いらっしゃいます。全国の店舗でご利用いただける対面でのサポート体制や、平日は21時まで、土日も17時まで対応している専門コールセンターをご用意している点は、ネット証券と違い、安心してご利用いただけるという反応もいただいています。実際、iDeCoに関するご相談ということでの来店予約が増えてきました。とはいえ、WEBでの申し込みのしやすさにも注力しており、2021年3月1日からWEB加入手続きがスタートしましたので、ますます使い勝手がよくなりました。

そして何よりうれしいのは、iDeCoを通じて、個人の資産形成のみならず持続可能な社会を実現するという「iDeCo×社会貢献」のコンセプトに共感して加入していただいているお客さまが、若年層を中心に増えてきていることです。このコンセプトに沿うかたちで成長分野に投資できる商品ラインアップも、大きな魅力としてご認識いただいています。

また、毎年12 月末の利用者数に応じて国内の「困っている子どもたち」を対象にSMBCが全額負担で寄付を行っているのですが、加入を検討されている方から「どこに寄付しているのですか?」というご質問を頂くこともあり、社会貢献への関心の高さを実感しています。2019年度の寄付総額は159100円でしたが、2020年度の総額は100万円程度と、大きく増える見込みとなっています。

――打ち出しているコンセプトが、加入者の方にもしっかり響いているのですね。商品ラインアップにも特徴がありますが、実際によく選択されている商品はどれですか?

取り扱っている商品は以下の通りですが、中でも多くの方が選んでいるのは、2020年7月に追加された低コストのインデックスファンド「SMBC・DCインデックスファンド(日経225、S&P500、MSCIコクサイ)」です。また「ESG、インパクト投資」「イノベーション・インデックスシリーズ(AI、フィンテック、シェアリングエコノミー)」等、これからの成長を見込めるインデックスファンドも、みらいプロジェクトコースならではの特徴ある商品です。

外部評価も高いコールセンター・WEBが加入後も手厚くサポート

――最後に、加入した方に向けてどんなサポートを行っているか、詳しく教えてください。

加入後のコミュニケーション窓口は、WEBとコールセンターが主となります。双方とも、サポートセンター業界の外部評価機関(HDI協会)から顧客対応に関する最高評価を獲得しているほか、確定拠出年金共育協会における調査(iDeCoナビ内「ホントに使える加入者向けWEBサイト2020)においても評価は満点です。他社と比べても充実したサポートをご提供していると自負しています。

また、加入者サイトについては最近リニューアルを行い、サイト内で動画セミナーを配信したりとコンテンツをさらに充実させているほか、ご登録された方にメールマガジンによる情報発信なども行っています。コロナ禍以前は、オープンセミナーの開催などの企画もしていました。今後も、加入後のサポート拡充のため、さまざまな企画を用意していきたいと考えています。

――加入のしやすさや商品ラインアップももちろん重要ですが、加入後のサポートこそ最も重要ですものね。本日はありがとうございました。

***

各種手数料の安さ、充実の商品ラインアップといった「最低ライン」をクリアしながら、充実のサポート体制を備え、さらに資産形成を通じて社会貢献を果たすという独自のコンセプトをも打ち出す「みらいプロジェクトコース」。iDeCoのプラン選びに迷ったら、「社会貢献」という軸を加えて探してみるのもいいかもしれません。