相談者のプロフィールとお金データ

【加納 徹(仮名)さんプロフィール】 33歳、福岡県在住。一人暮らしの会社員(メーカー系・事務職)。 【寄せられたお悩み】 「競馬やパチンコ、タバコが好きでお金を使ってしまいます……。これではいっこうにお金は貯まらないと焦っているものの結局使ってしまって、自己嫌悪の毎日です。月々の支出もですが、さらに老後も不安です。こんな自分ですが、老後のための資産形成をどう始めたらいいかアドバイスをいただきたいです」 【お悩みの論点】 ①あればあるだけお金を使ってしまい、いっこうに貯まらない。月々のお金の管理方法を教えてほしい ②老後に不安を感じる。長期的にお金を育てる方法を教えてほしい

資産状況や月々の収支内訳

金融資産額(運用中の投資額と預貯金を合わせた金額):0万円 内訳 預貯金:0万円 収支 <収入> ・毎月の手取り収入:20万円   ・手取りの年収:250万円  <支出> ・毎月の出費:約20万円(詳細以下)

支出について、加納さんよりコメント

※1……「賃貸住宅の更新料のために、会社の財形貯蓄で貯金しています」

※2……「ここがギャンブルやタバコの出費です」

※3……「服飾費や交際費です」


***


「手元にお金があったら使ってしまう、このままでは将来が不安で仕方がない」。加納さんはその使い途がギャンブルやタバコではあるものの、この悩みは多くの方が抱えている悩みでもあるでしょう。問題を整理しながら解説していきますね。

お金と上手に付き合うには、目標を数値化することが何よりも大事

まずは、お金を“あればあるだけ”使ってしまう現状と、将来の不安は混同しがちですが、実は別の問題です。ただ、どちらの問題も克服するには共通する点があります。それは、ただ「不安」と言うのではなく、目標を数値化して、具体的にするということです。

具体的な数値を伴った目標が定まっていなければ、現在との“ギャップ”を把握することができません。ギャップの把握=現状認識をしない限り、不安を解消する具体的な策も講じられないということです。

そんな大前提を踏まえ、2つの問題に対してそれぞれ考えていきましょう。

とにかく手元にお金があると使ってしまう……。「先取り」システムの構築を

まずはお金をあればあるだけ使ってしまうという悩みですが、きちんと対応すると簡単に解決できる悩みです。

例えば、加納さんはマンションの更新料を払うために毎月給料から天引きして会社で積立をされているとのことですが、このお金はいつでも使えるものではないですよね? 仮に使いたいとしても会社に申し出をしないといけないという心理的なブレーキが発生しますね。つまりブレーキがあれば、お金は使うことなく手元に残ります。

一般的には、このような先取り貯金をするとお金は貯まると言われます。これは本当ですが、これだけでは加納さんのようなお悩みを抱える方にとっては不十分なことも多いのです。

先取り貯金は重要なことですが、それがすぐに取り崩せる普通預金だと、困ったり、何か欲しい物があったりしたときにすぐにそのお金をアテにしてしまう……。つまり、ブレーキがほぼあってないようなもの、というわけです。

大事なのは頑張って積立をしたお金が、目的以外のことに消えないように心理の外側に隠すこと。例えば、簡単には取り崩せない場所に置くなど、もはや「なかったこと」にするくらいの手段をとるのです。

その意味で、iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)であれば原則60歳まで現金化ができないので、自分のお金であるものの手が出せない、という状態になり結果的に必ずお金が貯まります。ただし加納さんの場合、iDeCoを始めるにはある程度の手元資金を貯めてからにしたほうがよさそうですね(目安として、半年の生活費である120万円)。

では、どうすればいいかですが、積立を取り崩して現金化するのに多少ストレスがかかりブレーキになるもの、例えば銀行ならば定期積立、あるいは会社の財形貯蓄の積立額を大きくすることなどから始めましょう。まず120万円を目標に貯金、その次のタイミングでiDeCoも検討してみてください。

先取り貯蓄をして生活は成り立つのか? という不安は的中しないことが大半

と、ここまで先取り貯蓄の方法を解説しましたが、ひょっとしたら「先取り貯金をしたら生活が成り立たなくなってしまう」と不安に感じたかもしれませんね。

しかし筆者はこれまで多くの方の「生活がカツカツになるのでは……」という不安が現実のものとなり、本当にカツカツになったケースをあまり知りません。

その理由は簡単で、相談に来られる多くの方は家計簿などを作成されておらず、仮に作っていても振り返りなどされていません。

このような方にざっくりとした月の収支を書いてもらうと全く合わなくなり、使途不明金が発生します。経験上、これら使途不明金の半分以上はなくても生活に影響しない出費です。

そして先取り貯金の後の「あるお金の中でいかに工夫するか」を磨いていくのは、加納さんがこれからの長い人生、マネーリテラシーを身に付けていくうえで、決して避けて通ることはできない道でもあります。

先取り貯金をし、残ったお金の中で生活を営むということをぜひ身に付けていってください。

 老後不安を解消するには投信積立を

老後への不安は、突き詰めると加納さんがご自身の老後生活でいくらあったほうがいいかと思われるかが全てです。一つの目標として、この場では2000万円を挙げさせていただきますが、そこに対して現在33歳の加納さんが、残り約30年でどうやってアプローチするか考えましょう。

まずは単純に割り算です。
2000万円÷30年÷12ヶ月=毎月約5.5万円

これは現実的と感じますか? 仮に切り詰めれば実現可能だとしても、やりたいと思いますか? 30年後にしか使えないお金を毎月5万円以上も今の生活から無くしてしまう……。おそらく心の中で「無理!」と叫ばれると思います。

次に2000万円を30年で積み上げるときに金利を含めてみましょう。30年の平均金利が年3%複利で運用できた場合、月々の積立金額は約3.5万円になります。いかがでしょうか? 少し現実的になったのではないでしょうか?

さらに少し上げて5%だとしたら2.5万円です。ここまでくるとかなり現実的になってきたのではないでしょうか。

金融庁が提供しているシミュレーション(金融庁 資産運用シミュレーション)では、毎月の積立額と期待する年利を入れると、いくら貯められるのか簡単に計算できます。加納さんもぜひ設定を変えて、いろいろなケースを想定してみてください。

もちろん資産運用は将来の成果を約束しているものではないので、30年間の運用結果が必ずこのようになる保証はありません。ただ、例えば投資信託を通じて積立投資をすることで、投資先を分散し、そして30年という時間を味方につけて時間にも分散を効かせる、この投資先・時間のダブルの分散があれば、利益を出せる確率を高められることも事実です。

まずは生活に影響を与えない範囲で――加納さんの場合で言えば娯楽費に消えてしまう5万円から1万円でもいいので、“先取り”で自動的に投信を買い付ける設定をし、積立投資を取り入れられてはいかがでしょうか。そして、積み立てていく「器」は、ぜひつみたてNISAという非課税口座を活用してください。積立投資をする中で将来的に利益が出ても税金がかからないのがつみたてNISAですので、積立投資を始められるのでしたら活用をお勧めします。

ここでお話ししたことは、お金と付き合うための初歩的な知識です。これを身に付けるかどうかは、加納さんの今後の人生に大きな影響があると感じます。気づいた時が始め時。先取りの仕組み作りで、不安を減らす努力をしていきましょう。応援しています。