人材紹介会社のワークポートが、ビジネスパーソンのマネーリテラシーについてアンケート調査を実施しました。サンプル数が全国の262人なので、全体像を示し切れているとは言えませんが、一つの参考までに見てみましょう。

ビジネスパーソンの6割はお金の知識に自信なし

262人は20代から40代までの男女です。今回の調査対象者全員に「自分のお金の知識に自信があるか」を聞いたところ、

ADVERTISEMENT

 

あまりない・・・・・・46.9%
まあまあある・・・・・・32.8%
まったくない・・・・・・13.7%
とてもある・・・・・・6.5%

となりました。「あまりない」と「まったくない」を合わせると、60.6%の人がマネーリテラリーについて自信がないという結果が出ています。

同じく対象者全員に「お金について日々情報収集をしているか」を聞いたところ、

いいえ・・・・・・53.8%
はい・・・・・・46.2% 

となりました。情報収集していない理由については、「興味がない」、「不要」、「難しそう」、「どんな情報を、どのように収集するべきなのかがわからない」、「時間がとれない」、「情報が多くて判断ができない」という理由のほか、「運用できるほどの収入がないため、お金の知識を身につけても仕方ない」という答えもありました。

逆に情報収集している人に、情報源を聞いたところ、新聞、テレビ、書籍、インターネットでYouTubeやSNSを挙げる人も多かったそうです。

そして、「これまで体系的にお金の知識を学ぶ機会があったか」と聞いたところ、

なかった・・・・・・75.6%
あった・・・・・・24.4%

となりました。学ぶ機会があったという人に、どこで学んだのかを聞いたところ、「大学」や「専門学校」の他、「職場」、「資格取得のための講座・セミナー」、「オンラインサロン」といった回答が目立ったそうです。

また、「お金の知識をもっと身につけたいか」については、

はい・・・・・・83.6%
いいえ・・・・・・16.4%

となりました。上記の設問に対して「はい」と答えた人にその理由を聞いたところ、「給料だけでは生活していけないほど生活が苦しいから」、「老後が心配だから」、「お金を持つことによって選択肢が増えるから」、「お金の知識がないと損することもあるため」という回答があったということです。

以上がこのアンケートの主な設問と、その回答ですが、マネーリテラシーに対して自信を持てない人が過半数いて、かつ8割以上の人がお金の知識を身につけたいと思っているにも関わらず、7割以上の人がお金について体系的に学んだことがなく、「難しそう」、「どんな情報を、どのように収集するべきなのかがわからない」、「情報が多くて判断ができない」という理由から、お金に関する情報収集をしていない人が過半数を占めている、という実態が浮かんできます。