「フィナンシャル・ウェルネス(Financial Wellness)」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか? Web検索すると、日本語ではあまり表示されませんので、まだ新しい概念といえます。しかし、英語で検索すると数多くの見出しがヒットします。事実、米国では数年前からホットワードになっており、フィナンシャル・ウェルネス調査と称した各種調査が盛んに行われています。

適切な日本語表現がないので、「フィナンシャル・ウェルネス」とカタカナ書きしていますが、説明調に訳すと、「お金の面での幸福度・豊かさ」といった感じになるでしょうか。

コロナ禍の影響が大きいのだと思いますが、どういう人が幸せなのかといったテーマに昨今の関心が集まっているように感じます。「幸せ中心社会への転換」「幸福経営とは何か」といった見出しも目にすることが増えました。ライフスタイルや価値観が大きく変わる中で、幸せとは何か、真の豊かさとは何かを考えることが人々の行動の軸になりつつあるのかもしれません。

こうした概念は英語ではTotal Wellbeingと表現しますが、これについても「実感としての豊かさ」といった日本語があてられています。

幸福や豊かさの度合いは、健康状態や仕事の充実度、周囲の人とのつながりやお金の問題など、様々な要素が影響を与えるとされています。個人によってもそのとらえ方は異なるでしょう。こうした中から、人間の幸福度を左右する大きなファクターとしてのお金にスポットを当てて、その健全度を計測しようという試みが「フィナンシャル・ウェルネス」の考え方です。

わが国では、お金のことを正面切って語るのは憚られるという空気がありました。一方で「結局はお金でしょ」という割り切りも見られたりします。「お金で幸福は買えない」かもしれないが、「不幸を避けるためにお金は必要」という声も聞かれます。お金に関してはっきりした価値観を持っている人もいれば、そうでない人も多いでしょう。もちろん、世代によってもお金へのスタンスは違ってくると思います。

お金は人生のどの局面であっても必ず絡んでくるものです。お金が入り口となって、自分にとっての幸せとは何かを考えてみた、というルートがあってもよいのではないでしょうか。

フィデリティでは、お金の面での幸福度を評価するために、グローバルベースで調査を実施しました*。そして、回答結果をベースに、金銭的な幸福度というものを「フィナンシャル・ウェルネス・スコア」として数値化してみました。

この調査では、お金の問題を4つの視点から検証しています。それだけでなく、「あなたはどう感じますか」といった聞き方をすることで、客観的なデータとのギャップを浮き彫りにするような工夫もしています。今号から複数回にわたり、調査結果について紹介し、そこから導かれることを考えてみたいと思います。

*フィナンシャル・ウェルネス・サーベイはフィデリティが2016年米国においてスタートさせた調査です。今回の調査は、2020年3月から5月にかけて、日本、英国、ドイツ、カナダ、香港、中国の6か国・地域に住む20~75歳の約1万7000人を対象(常勤もしくは非常勤で働いている人かその配偶者で、家計の意思決定者、最低世帯収入年額300万円以上)に主にオンライン形式で実施しました。日本では2,393人が対象になりました。

4つの視点でお金の問題を分析

「お金に色はない」とはよく言われることですが、私たちは意識しているか、していないかは別にして、「このお金は今月の家賃にあてる分、このお金はコロナが終わったら海外旅行をするためにとっておく分」といったように仕分け作業をしていると思います。

もちろん、目先の問題がさし迫っていれば、将来のプランを考える余裕はなくなってしまうのも事実ですが。果たして自分でコントロールできるものなのかといった点も考えあわせると、お金の問題はなかなか一言でくくれるものではありません。

こうしたテーマを扱う時には、複数の角度からスポットライトを当ててみることが有効です。当調査では以下の4つの視点からお金の問題を分析しています。この切り口は汎用性が高いと思われるので、是非みなさん覚えておいてください。

Budget 家計管理
日々の家計のお金の流れにスポットを当てます。具体的には収入と支出の大小関係を問題とします。収支が赤字でないことがフィナンシャル・ウェルネスの出発点になります。

Debt 負債
ローンの管理です。ローン残高の大小や、月々のローン返済額が収入に占める割合といった観点からお金を見ます。

Savings 資産形成
老後準備に加えて、家の修繕費用や旅行資金といった中・短期的な資金準備の度合いを見ます。

Protection 万が一への備え
病気・けが等による収入の減少や財産の損失など突発的事象への備えがどの程度できているかを検証します。

調査の質問は上記4つの分野のいずれか、あるいは複数の分野に紐づくように設計されています。そして、回答結果に応じて各分野のスコアを算出しています。各分野のスコアは25点満点です。4分野合計が総合スコアとなり、満点は100点です。さらに、スコアに応じて「要注意(Need Attention)」「普通(Fair)」「良好(Good)」「優秀(Excellent)」といった評価をつけています。

お金の面での幸福度は中央値64で安定的だが…

日本のフィナンシャル・ウェルネス・スコアの中央値**は64でした。評価は「良好」でした。実際の個人スコアの分布は図2の右の表にある通りで、「良好」ゾーンに入る人が57%と最も多く、次いで「普通」が35%で続きました。

4分野別のスコアの中央値は次の表にあるとおりです。家計管理と万が一への備えは「良好」ゾーンに入りました。負債は「優秀」ゾーンでしたが、資産形成は「普通」になるなど、濃淡がありました。

**中央値は真ん中の数値という意味です。この調査には2,393人が回答してくれましたが、スコアを上から(下から、でも同じですが)並べていった場合に、真ん中の1,197番目の人のスコアが64だったという意味です。平均値とは異なるのでご注意ください。

(各分野別では、10未満が「要注意」、10以上15未満が「普通」、15以上20未満が「良好」、20以上が「優秀」という評価になります)

ちなみに、他の国・地域ではどうだったでしょうか。以下の表をご覧ください。いずれも経済がそれなりに発展している国・地域なので、トータルも各分野のスコアも「良好」に集まり、日本とあまり変わらない結果になっています。

しかし、具体的な質問への回答をつぶさに見てみると、日本の個性が浮き彫りになり、議論を呼びそうな点がいくつもありました。次回はそこを見ていきましょう。