2月25日は「225の日」です。「225」とは日経平均株価のことで、投資情報の提供を行っている株式会社ゲイターズが制定しました。ニュースで報道されることも多いため、「投資はしないけど日経平均は知っている」という方も多いのではないでしょうか。

日経平均株価は耳にすることはあっても、実はよく知らないという方は多いでしょう。そこで、今日は「日経平均株価の概要」と「日経平均株価の歴史」について分かりやすく解説します。

大企業225社の株価で算出

日経平均株価は日本経済新聞社が算出する代表的な株価指数で、上場している日本の大企業225社で構成されています。

【日経平均株価の構成上位5銘柄】
1.ファーストリテイリング(8.74%)
2.東京エレクトロン(7.14%)
3.ソフトバンクグループ(3.92%)
4.ダイキン工業(3.11%)
5.ファナック(2.93%)

※2022年1月末時点
※()は構成比

出所:日本経済新聞社「日経平均株価 月次ファクトシート」

上場企業の数は多く、株価を個別にチェックするのは大変です。その点、日経平均株価を1つ見れば国内の株式相場を大まかに把握できるため、手軽に市況をチェックしたいときに便利ですね。

日経平均株価とよく比較されるのが「TOPIX(トピックス)」です。東京証券取引所が算出している株価指数で、こちらは東証1部に上場している全銘柄で算出されています。日経平均株価よりも幅広く対象に含めるという違いはありますが、どちらも「国内の株式相場のチェックに便利」という認識で構いません。

【TOPIXの構成上位5銘柄】
1.トヨタ自動車(3.91%)
2.ソニーグループ(3.33%)
3.キーエンス(2.40%)
4.リクルートHD(1.89%)
5.東京エレクトロン(1.54%)

※2021年12月末時点
※()は構成比

出所:日本証券取引所グループ「TOPIX(東証株価指数) 構成銘柄情報」