4月のリターンは米国REITが好調

4月のリターンでは、米国REITが好調だった。

新型コロナワクチンの接種が進んでいることによる景気回復期待や、経済指標の結果が良好だったので、米不動産市況も好調に推移したからだ。REITの4月リターン1位は、「通貨選択型米国リート・αクワトロ(毎月分配)」(8.2%)だった。同ファンドは、以下の4つの手法を活用したファンドである。

1.米国REITに投資 2.米ドル売り・ブラジルレアル買いの為替取引 3.米国REITのコールオプションを売却(カバードコール) 4.通貨(円に対するブラジルレアル)のコールオプションを売却(かバードコール)

4月は米国REITが上昇したことに加え、米ドル売り/ブラジルレアル買いの利益がプラスに寄与した。米国株式市場では高値警戒感がでているので、比較的割安感があるREIT市場に資金が向かう動きが、しばらく続く可能性は高いと見ている。ただ、REITファンドからの資金流出が続いていて、4月は約600億円の資金流出超となった。米国REITからの資金流出が続いているほか、2020年2月以来、1年2カ月ぶりに国内REITが流出超に転じたからだ。4月末時点におけるREITの3カ月リターンは14.8%と全カテゴリーでトップ。6カ月リターンも31.5%と外国株式33.9%に続いて2位である。REITは好調なパフォーマンスでも売りが優勢で、外国株ファンドなどに資金が向かっている可能性が高い。

複合資産上位にはレバレッジをかけたファンドが多い

複合資産は4月に約10億円の資金流出となり、再び資金流出超となった。

ただ、「投資のソムリエ」は223億円の資金流入となり、純資産残高が5,000億円を超えている。同ファンドの人気は、今後も継続する可能性が高い。そして、「米国分散投資戦略ファンド(5倍コース)」が8.4%のリターンとなり、4月の首位となった。同ファンドは、米国の株式と債券、REIT、コモディティに分散投資。そして5倍コースは、実質的に純資産総額の概ね5倍相当額の投資を行う。4月は米国株式、米10年国債、米国REIT、コモディティのいずれも上昇し、プラスリターンとなった。そして5倍のレバレッジをかけている同ファンドのパフォーマンスも伸びたのだ。4月の複合資産リターン上位には、レバレッジをかけたバランスファンドが多い。ただ、資金が流出しているファンドも多い。「米国分散投資戦略ファンド(5倍コース)」も4月は約3.6億円の資金流出となっている。レバレッジをかけたバランスファンドは、2020年3月のコロナショック時に大きな損失をだしたものが多い。コロナショック時でもプラスリターンを確保した「投資のソムリエ」など、安全性を重視した運用を行うバランスファンドを購入する投資家の方が多いと考えられる。レバレッジをかけたバランスファンドからの資金流出は続きそうだ。