2021年4月、関西みらい銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)」の概要

関西みらい銀行の4月販売金額1位は、「ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)」だった。国内のREITに投資し、「東証REIT指数」に連動する投資成果を目指すファンドである。4月の国内REITは2020年2月以来、1年2カ月ぶりに資金流出超となったが、同ファンドには約103億円の資金が流入し、REITファンド全体のトップであった。関西みらい銀行の結果は、それを裏付ける内容といえるだろう。同ファンドの4月末時点の騰落率は、以下のようになっている。
 

1カ月 2.6% 3カ月 12.6% 6カ月 28.1% 1年  35.4%

今年になってから株式に比べて出遅れ感が強いREITに資金が入り、パフォーマンスは好調だ。J-REIT市場は6カ月連続で上昇しているが、金利上昇懸念が後退しているので、しばらく堅調な展開が続くだろう。来月も同ファンドが上位に入る可能性は高いと考えられる。

全体を見て:資産別の構成は3月と変わらず

関西みらい銀行の4月販売金額上位5つの内訳は以下の通りだ。

海外株式型  2本 その他(REIT)2本 バランス型  1本

この内訳は3月と変わっていない。5位の「投資のソムリエ(バランス型)」は、4月2日に純資産残高が5,000億円を突破した人気ファンドである。2020年3月のコロナショック時にもプラスリターンを確保したことで投資家の関心を集め、順調に資金流入が続いている。ただ、4月の騰落率は-0.15%とマイナスで、3カ月リターンも-0.55%と冴えない。「大きく負けない運用」が同ファンドの特徴であるが、パフォーマンスが優れない中、5月もランキング上位に入るかどうかに注目だ。

ここに注目:新規設定ファンドの「ニッセイ気候変動関連グローバル株式ファンド(資産成長型)」が2位にランクイン

2位に「ニッセイ気候変動関連グローバル株式ファンド(資産成長型)」がランクインしている。日本を含む世界の株式の中から、気候変動に関連する事業を展開する企業に投資するファンドである。2021年4月26日から運用を開始した新規設定ファンドで、4月は関西みらい銀行のみが販売会社となっている。ESG投資の人気の高まりで、気候変動に対する関心も高まっているので、5月もランキング上位に入る可能性は高いだろう。