2021年4月、みずほ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」の概要

みずほ銀行の4月販売額1位は、「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」だった。同ファンドの3月末時点の純資産総額は1兆290億円と1兆円を突破しており、投資信託全体でもトップとなっている。過去に純資産総額1兆円を突破したファンドは、毎月分配型など配当を頻繁にだすものが多かった。しかし、同ファンドは原則として分配金をださず、株式の売買益や配当は再投資する。

高齢者を中心に毎月分配型のニーズは高いが、長期での資産形成には複利効果が見込める再投資の方が有効だ。また、ESG重視の流れも投資家に広がってきている。とくに機関投資家の間には中長期的な企業価値の向上のため、ESGの考え方は不可欠だという見方が定着している。そして、環境や社会、企業統治といったESGを投資判断の材料にする個人投資家も増えている。みずほ銀行で5月も販売額1位になるかどうかに注目だ。

全体を見て:みずほ銀行ではアクティブファンドの人気が高い

みずほ銀行では、インデックスファンドが6位の「One NYダウ・インデックス・ファンド」の1本しかない。そして、販売額上位にはアクティブファンドが多いのが特徴的である。4月販売額2位の「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」は、3月の3位から1つ順位を上げた。企業の競争優位性・成長力の評価に基づき選定したハイクオリティ成長企業に投資するファンドだ。3月末の組入銘柄上位は、以下の通り。

1.マスターカード(米国) 7.5% 2.アマゾン・ドット・コム(米国) 6.7% 3.ウーバー・テクノロジー(米国) 6.7% 4.HDFC銀行(インド) 5.2% 5.DSVパナルピナ(デンマーク)4.8%

3月は金利上昇からハイテク株の上値が重く、月間騰落率は-1.44%だった。しかし、押し目買い意欲は強く、4月の同ファンドの人気は継続している。5月もランキング上位に入る可能性は高いだろう。

ここに注目:米国REIT(リート)ファンドがランクイン

「ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」が8位にランクインしている。米国のREIT(不動産投資信託)に投資し、配当利回りを重視した運用を行うファンドだ。3月はリターンが8.0%で、約161億円の資金流入超となった。これはREITファンドでトップの資金流入額である。4月のリターンも5.7%と好調だったので、5月も引き続き上位に入るかどうかに注目している。