2021年3月、広島銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「投資のソムリエ」の概要

広島銀行の3月販売件数トップは投資のソムリエだった。同ファンドは、3月に資金が約484億円流入し、複合資産(バランスファンド)の中でトップだった。広島銀行での販売件数の多さは、それを裏付ける結果となっている。投資のソムリエは、国内・先進国・新興国の株式と、国内・先進国のリートに分散するバランスファンドだ。リスクを抑え、大きく負けない運用を目指す。コロナショックで多くのファンドがマイナスになった2020年3月にも0.13%とプラスのリターンを確保したことで、多くの投資家の注目を浴びるようになった。

複合資産(バランス)型ファンドは、2020年3月に6カ月ぶりの資金流入超に転じた。複合資産の中心的な存在の同ファンドには、4月以降も資金流入が続く可能性は高いだろう。
4月も広島銀行で販売件数トップになるかどうかに注目だ。

全体を見て:外国株式ファンドの人気が高い

2月の販売件数1位だったデジタル・トランスフォーメーション株式ファンドは、投資のソムリエに抜かれて2位となった。ただ、同ファンドの人気は引き続き高い。3月の同ファンドの資金流入額は約499億円となり、外国株式ファンドで2位だった。さらに、3月の外国株式ファンド全体の資金流入額は約7,230億円で、4カ月連続で5,000億円を超えている。個人投資家の外国株ファンド人気は継続しているのだ。4月もニューヨーク株式市場は堅調な展開となっており、米国株を中心に高水準の資金流入が続くだろう。

ここに注目:「グローバル3倍3分法ファンド」がランキング上位に

4位にグローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型)、9位に同 1年決算型がランクインしている。しかし、3月はファンド全体では資金流出超となっている。グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型)は58億、グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は114億、合計172億円の資金が流出しているのだ。とくに1年決算型は過去6カ月で1,600億円もの資金が流出し、投資信託全体の資金流出額でトップになっている。
同ファンドは先物を活用し、投資額が純資産の3倍になるように運用する投資信託。株式や債券、不動産へ分散投資しながら、先物を利用したレバレッジ運用を行っているのだ。一時は1兆円を超える純資産総額を誇っていたが、3月末には2,398.39億円まで減少している。

主な原因はコロナショックによる基準価額の下落である。

同ファンドは、2020年2月21日から3月19日にかけて37.1%も下落し、日米の株価指数の下落率(約30%)を上回った。株や債券、REITすべての資産が下がることもあり、分散効果が効かなかったことと、レバレッジをかけていたことが原因だ。その結果、同じバランスファンドでも、コロナショック時にプラスリターンをキープした投資のソムリエに、純資産総額で倍の差をつけられているのだ。しかし、広島銀行では全体の動きに反し、販売件数ランキング上位に入っている。

基準価額はコロナショック前の水準を回復しており、直近1年間のパフォーマンスも37.59%と悪くない(2020年3月末時点)。来月も広島銀行の販売件数上位に入るかどうかに注目だ。