2021年3月、みずほ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド」の概要

みずほ銀行の3月販売金額第1位のファンドはグローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界(ESG))だった。同ファンドは、個別企業の競争優位性・成長力・ESGへの取り組みなどの評価に基づいて選定した企業の中から、理論価格より市場価格が割安と判断される銘柄に投資するファンドだ。

3月の月間成績は-1.47%だったものの、2月末から純資産総額が323億円増え、1兆円台となった。これは国内公募の追加型投資信託(ETFを除く)の純資産総額でトップとなっている。

同ファンドの設定は2020年7月。当初設定額が3,830億円となったことから話題になったが、1年たたない間に純資産総額が1兆円を突破した。

ESGに対する投資家の関心は高まっており、同ファンドの人気は今後も続くだろう。

全体を見て:海外グロース株系「成長株式ファンド」に人気集中

海外のグロース株に投資する「成長株式ファンド」が上位に多い(1位・3位・5位・6位)。日本の個人投資家は海外の成長株志向が強まっている。2020年度は外国株で運用する投資信託への資金流入額が約5兆円となり、過去最大となった。

とくに中長期での成長が期待できる米国のハイテク株を組み入れたファンドへの資金流入が目立つのだ。

3位と6位にランクインしたグローバル・ハイクオリティ成長株式ファンドは、世界の企業からハイクオリティの成長株を見つけ、株価が割安と判断される銘柄に投資するファンド。2月末時点の組入銘柄上位は、以下の通り。

1.マスターカード(米国)7.2% 2.アマゾン・ドット・コム(米国)6.5% 3.ウーバー・テクノロジーズ(米国)6.2% 4.HDFC銀行(インド)5.2% 5.TALエデュケーション(中国)5.1%

グローバルな成長を取り込める外国株投信への人気は、しばらく継続すると考えられる。4月も同ファンドがランクインする可能性は高いだろう。

ここに注目:人気・実力とも高いAMOne(アセットマネジメントOne)のファンド並ぶ

みずほ銀行の3月販売金額ランキング上位には、アセットマネジメントOneのファンドが多い。上位10ファンドの内、7つをアセットマネジメントOneが運用するファンドが占めているのだ。

アセットマネジメントOneはみずほ系列というのも理由の1つだろうが、R&I発行の「ファンド情報」で毎年実施している投信販売会社による満足度調査で、同社は高い評価を得ている。

またグローバルESGハイクオリティ成長株式ファンドは、国内追加型株式投信で純資産総額1位(2021年3月末時点)であるほか、グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンドは第5位となっている。そして、みずほ銀行3月販売ランキング2位の「投資のソムリエ」は、バランス型ファンドの中でも人気があり、4月には純資産総額が5,000億円を突破している。

アセットマネジメントOneは、海外株式型・バランス型で純資産総額上位のファンドを運用しているのだ。みずほ銀行だけでなく、投資信託全体の販売ランキングでもアセットマネジメントOneのファンドは人気があるので、4月以降もみずほ銀行の販売ランキング上位に入るファンドは多いだろう。