2021年3月、SMBC日興証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」の概要

SMBC日興証券の3月買付金額ランキング1位は、デジタル・トランスフォーメーション株式ファンドであった。同ファンドは、デジタル・トランスフォーメーション(DX)の中でもゼロ・コンタクト(非接触)ニーズのもとで飛躍的な成長が期待される企業に投資している。オンライン決済大手のペイパル・ホールディングスや動画配信のネットフリックス、中国ネットサービス大手のテンセントといった企業が保有銘柄の上位になっている。

ただこういった銘柄は、米長期金利が上昇したことによって、2月から3月上旬にかけ株価が下落した。そして同ファンドの基準価額も、2月17日につけた高値16,314円から3月上旬にかけて一時-21.7%と大きな下落となった。しかし、同ファンドには押し目買いの好機とみた投資家からの買いが入ったと考えられる。モーニングスターの集計によると、3月は499億円の資金が流入し、国内公募追加型株式投資信託の中で第2位となった。日興証券の結果はこれを裏付ける内容となっている。

デジタル・トランスフォーメーション(DX)に対する投資家の関心は依然として高く、買い意欲は強い。4月以降も資金流入が続くかどうかに注目だ。

全体を見て:AIをはじめテーマ型ファンドに人気が集中

SMBC 日興証券の3月買付金額ランキングでは、AI(人工知能)やフィンテックと行ったらテーマ型ファンドの人気が高い。とくに「グローバルAIファンド」が、2位、7位、10位にランクインしている。同ファンドは、各分野の技術革新をけん引するAI(人工知能)の進化や応用により、高い成長が期待される企業の株式に投資を行う。

2021年2月26日時点の組入上位銘柄の比率は、以下の通りである。

1位 ロク 6.6% 2位 テスラ 4.3% 3位 スナップ 4.0% 4位 ゼネラル・エレクトリック 3.9% 5位 ウォルト・ディズニー 3.4%

グローバルAIファンドは「モーニングスターアワード・ファンドオブザイヤー2020」において最優秀ファンド賞(国際株式型特定地域部門)も受賞している。AIに対する注目度は高く、今後も同ファンドの人気は継続する可能性が高いと考えている。

ここに注目:アクティブ人気から透けて見える積極的な投資家の姿

SMBC日興証券では、テーマ型などのアクティブファンドの人気が高く、インデックスファンドは「日経225ノーロードオープン」が3位に入っているだけである。

ネット証券では、米国の主要株価指数であるS&P500種株価指数などに連動するインデックスファンドへの資金流入が目立つ。個別銘柄を選別するアクティブファンドに比べ、インデックスファンドは保有コストである信託報酬が安い。ネット証券では若年層の投資家比率が高く、長期での運用ではコスト負担が大きくなるので、信託報酬の安いインデックスファンドを選ぶ傾向が強いのだ。

ただ、テーマ型などのアクティブファンドは、S&P500種株価指数などのインデックスを上回る運用成果を目指す。より積極的な運用を目指す投資家が、SMBC日興証券では多いといえるだろう。