REITファンドは軒並み好調。ホテル関連銘柄がけん引

REIT投信全体のパフォーマンスは好調。2月の月間騰落率は5.2%となり、2020年1月以来、1年ぶりにリターンで首位となった。新型コロナ後の景気回復期待から、とくにホテル関連銘柄が上昇をけん引した。

東京証券取引所に上場しているJ-REIT全体の動きを表す東証REIT指数も、2月に4.48%(配当込みベース5.08%)上昇した。国内における新型コロナウイルス感染者数が減少傾向にあることや、ワクチン接種開始による経済正常化期待からJ-REIT市場は上昇したのだ。

個別のファンドで1位になったのは、「東京海上J-REIT投信(豪ドル)毎月分配型」の15.8%。同ファンドは国内に上場しているJ-REITを主要対象とし、外貨での運用を行うことにより通貨への投資効果を追求するファンドだ。用途別の構成は以下の通りである。

1.特化型(物流施設) 13.2% 2.複合・総合型(オフィス+住宅) 11.9% 3.特化型(オフィス) 9.7% 4.複合・総合型(住宅+ヘルスケア・病院) 8.8% 5.特化型(オフィス+その他)       7.7%

2月は豪ドル円が5円ほど豪ドル高・円安に進み、同ファンドのパフォーマンス向上に寄与した。

また、ブラジルレアルや米ドルで運用しているファンドも上位に入っている。円安傾向が進んでいるので、外貨建てで運用するファンドのパフォーマンスが円建てよりも優れた結果になったのだ。

ただ、好調なパフォーマンスだったREITファンドだが、2月は約100億円の資金流出となった。株式型ファンドに比べてこれまでのパフォーマンスが優れなかったので、REIT型ファンドが値上がりする局面では、利益確定売りが優勢になったと考えられる。

バランス型1位は「お金のデザイン・グローバル・リアルアセット・ファンド(世界の実物資産中心)」(6.39%)

複合資産(バランス)型の2月の騰落率トップは、「お金のデザイン・グローバル・リアルアセット・ファンド(世界の実物資産中心)」の6.4%だった。

同ファンドは、世界の実物資産に連動するETF(上場投資信託)およびREIT(不動産投資信託)に投資するファンド。セクター別の構成は以下の通りである。

 不動産:26.36% 貴金属:47.02% コモディティ*:26.61% *コモディティは農業関連・エネルギー・天然資源関連

2月は新型コロナウイルスワクチンの接種の拡大による経済成長期待から、物価が上昇。また、経済活動再開から原油需要も引き締まった。

さらにREITのパフォーマンスが2月は好調だったことから、同ファンドのパフォーマンスに寄与したと考えられる。2月は33.17億円の資金流入となり、純資産総額も順調に増えている。

ただ、複合資産(バランスファンド)全体では資金流出が続いている。株式型に比べて複合資産のパフォーマンスは優れないからだ。

しかし米国長期金利上昇から株式市場は不安定な相場環境になってきている。複合資産は株式型よりも複数の資産に分散投資してリスクを抑えていることが特徴だ。株式市場の不安心理が高まる中、再びバランスファンドの人気が高まるかどうかに注目している。