投資信託全体の騰落率1位は「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」(37.44%)

運用成績が37.4%となり、2月の投資信託騰落率で1位となったのは「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」。同ファンドは、モーニングスターの「ファンド オブ ザ イヤー2020」の国際株式型(グローバル)部門で優秀ファンド賞を受賞している。

2月の運用成績が好調だった要因の1つは、ブロックチェーンの活用がさまざまな分野に広がっており、市場の関心が高まったことだ。また、ビットコインなどの暗号資産の価格が値上がりする中、関連企業の株価が上昇したことも原因と考えられる。

ブロックチェーンの市場規模は2025年に19兆円まで拡大したのち、2030年までに約340兆円まで拡大すると予想されている。今後の成長期待が大きいファンドといえるだろう。

また、上位ファンドではインドやベトナムなどのエマージング株式型の上昇が目立つ。2月のエマージング株式のリターンは4.5%と、全体で2位のパフォーマンスとなっている。

しかし、騰落率4位のイーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドは14.76億円、5位のHSBCインド・インフラ株式オープンは3.55億円、7位のベトナム成長株インカムファンドは18.67億円の資金流出となっている。

米国株や日本株といった先進国のパフォーマンスが優れる中、エマージング株のパフォーマンスはここ数年低調だった。とくにインド株の投信は2017年にブームとなったが、期待したほどのパフォーマンスをあげられなかったので、上昇する局面で解約する投資家が多かったと考えられる。

国内株式型1位は「野村日本ブランド株投資(豪ドルコース)」(10.42%)

国内株式型リターンの1位は、「野村日本ブランド株投資 (通貨選択型)豪ドルコース (毎月分配型)」だった。

同ファンドはグローバルで高い競争力を持つ日本企業に投資を行い、中長期的な値上がりを目指すファンド。2月26日時点の組入上位銘柄は以下の通り。

ソニー 5.6% アドバンテスト 5.4% 第一三共 4.5% 信越化学工業 4.2% 任天堂 4.1%

同ファンドのパフォーマンスが優れているのは、日経平均株価が一時3万円を突破するな株式市場が好調だったのに加え、豪ドル円が上昇したことも大きい。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大により60円割れまで売られた豪ドル円は、2月に85円近辺まで買われ、安値から4割以上上昇している。2月も80円から85円まで5円ほど豪ドル高・円安となっており、同ファンドのパフォーマンス向上に寄与したのだ。

また、ドル円も2月に2円ほどドル高・円安が進んでいるので、ドル建てベースでの日本株投信も上昇率上位に入っている。ただ資金流出入を見ると、上位10ファンドすべてで資金流出となっており、相場が上昇する局面では利益確定売りが優勢になったようだ。

海外株式型1位は「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」(37.44%)

外国株式型では「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド」がトップ。同ファンドは投資信託全体でも1位だったが、外国株式部門では2位に20%以上の差をつけ、圧倒的なパフォーマンスとなった。

また、2月は米国の長期金利が上昇。金利上昇によって割高感が意識されやすいIT・ハイテクなどのグロース株(成長株)に比べてバリュー株(割安株)のパフォーマンスが優れていた。その結果、銀行株や小型バリュー株など相対的に出遅れていた銘柄に投資するファンドが多くランクインしている。

ただ、1位のインベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドは44.77億円と資金流入となっているが、2位のマニュライフ・米国銀行株式ファンドは3.87億円、5位のUSマイクロキャップ(時価総額10億米ドル未満の小型株)株式ファンドが4.07億円の資金流出など、全体的に売られているファンドが多い。

これまでIT・ハイテク株などグロース株に比べてバリュー株のパフォーマンスは低調だったので、上昇局面では利益確定売りが優勢になったと考えられる。