2021年10月、りそな銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

 

第1位「日経225ノーロードオープン」の概要 

りそな銀行の10月販売額ランキング1位は、「日経225ノーロードオープン」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行うインデックスファンドである。10月末時点における騰落率は、以下の通り。

1カ月 -1.95%
3カ月    6.32%
6カ月    0.38%
1年      26.26%

日経平均株価は9月14日に30,795.78円の年初来高値をつけたが、その後に下落。10月6日には27,293.62円まで下落している。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。同ファンドには、10月に約181億円の資金流入があり、国内株式型ファンドでもっとも多い流入額となった。純資産残高も2,000円億円を超えており、同ファンドの人気は高い。11月以降も、りそな銀行のランキング上位にくる可能性は高いだろう。

全体を見て:「りそなラップ型ファンド」が人気

りそな銀行では、10月も「りそなラップ型ファンド」シリーズの人気が高い。ラップ口座とは、金融機関の専門家が包括的に資産管理・運用を行うサービス。そしてラップ型ファンドは、ラップ口座のようなサービスを、少額から始められるサービスである。10月は、「安定成長型」の人気が一番高かった。10月末時点における「安定成長型」の騰落率は、以下の通り。

1カ月 2.3%
3カ月 2.4%
6カ月 4.9%
1年     18.6%

同シリーズは、国内外の債券や株式、REIT(不動産投資信託)などに幅広く分散投資しているので、リスクを抑えながら安定的なリターンが期待できる。過去1年間の騰落率を見ても安定しているので、11月以降も同シリーズがランキング上位に入る可能性は高いだろう。