ここに注目:「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが人気

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが2位と3位にランクインしている。同シリーズは、マイクロソフトやアルファベット(グーグルの親会社)、アマゾン・ドット・コムなど米国の成長株に投資するアクティブファンドである。2位の「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」の9月末時点の純資産残高は1兆2,757億円で、国内公募の追加型株式投資信託(ETF除く)の中でトップの残高を誇る。ただ、9月の騰落率は4.6%のマイナスだった。インフレ懸念による米長期金利上昇によって、相対的な割高感が目立つハイテク株は売られたからだ。10月に入っても米国株式市場は上値の重い展開が続いているが、10月も同ファンドが七十七銀行のランキング上位に入るかどうか注目だ。