2021年9月、みずほ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

 

第1位「投資のソムリエ」の概要 

みずほ銀行の9月販売額ランキング1位は、「投資のソムリエ」だった。同ファンドは、国内・先進国・新興国の債券と株式、国内・先進国のREIT(不動産投資信託)の8資産に分散投資し、大きく負けない運用を目指すバランスファンド。2020年3月のコロナショック時でもプラスリターンを確保したことで投資家の注目を集め、資金流入が続いている。9月末時点における騰落率は、以下の通り。

1カ月 -1.14%
3カ月  0.09%
6カ月  1.00%
1年     1.78%

 そして、9月末時点における純資産残高は約6,126億円で、1年間で約2倍になった。9月中旬以降、インフレ懸念による米長期金利上昇によって米国株式市場は軟調な展開になっている。株式市場の不安心理が高まると同ファンドのようなバランスファンドに資金が集まる傾向があるので、10月もランキング上位に入る可能性は高いだろう。

全体を見て:海外株式型ファンドの人気が継続

みずほ銀行では、9月も海外株式ファンドの人気が高い。3位の「キャピタル世界株式ファンド」は、世界各国の株式投資に分散投資するアクティブファンドである。8月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.テスラ 5.3%
2.マイクロソフト 3.6%
3.フェイスブック 3.2%
4.台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング 2.9%
5.アマゾン・ドット・コム 2.9%

 そして、同ファンドの8月末時点における騰落率は、以下の通り好調だ。

1カ月  2.7%
3カ月  6.2%
6カ月 16.0%
1年    35.1%

 ただ、9月中旬以降は米長期金利上昇によって米国株式が軟調な展開になっている。同ファンドの国別構成比率では、米国が55.1%と半分以上を占めている。10月も株式市場の上値が重い展開になっても、同ファンドに資金が集まるかどうかに注目している。